« 樋口真嗣『日本沈没』(06) | トップページ | 腹が据わる »

2008.04.15

すっかり春ですな

 いつの間にかしっかりと春になっていたようで、日中気温も20度を超えるようになっている。暖かくなるとどこにもいるもんで、「暑い暑い」と騒ぐ奴。ひとり半袖になるのは勝手にしろでいいんもだが、さらに窓を開けたりする。気温が20度を超えたからといっても風はまだまだ冷たく、ばか野郎のおかげですっかり風邪気味になってしまった。

 しかし、日が長くなったのはいい。日の入りがいつの間にか6時40分にもなってしまってて、定時に帰るのならサングラスがあった方がいいと云う感じになってしまった。明るい状態が長いというのは本当に気分がいい。冬は寒いから嫌というより、暗い時間が長いから嫌というのかも知れない試しに日の長い冬の日というのを体験してみたいと云う気もする。

 桜というのは局地的に植えているところがあるようで、郊外では団子のようにピンクになっているところがある。綺麗というよりか、異様な感じである。『桜の樹の下には屍体が埋まっている!』 なんとなく実感。

 暖かくなってもまだまだ寒くなる時期でもある。体調管理には注意が必要。

|

« 樋口真嗣『日本沈没』(06) | トップページ | 腹が据わる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/40889712

この記事へのトラックバック一覧です: すっかり春ですな:

« 樋口真嗣『日本沈没』(06) | トップページ | 腹が据わる »