« エドワード・ゴーリー2冊 | トップページ | エドワード・ゴーリー2冊(BlogPet) »

2008.03.30

スティーヴン・オカザキ『ヒロシマナガサキ WHITE LIGHT/BLACK RAIN: The destruction of Hiroshima and Nagasaki」』(07)

 日系日系3世アメリカ人のスティーヴン・オカザキによるドキュメンタリ映画。広島から6人、長崎から8人、そしてアメリカの関係者4人の証言により、広島と長崎で起こったことが示される。

 あたしとしてはNHKのドキュメンタリ等でこの出来事については多くを見聞きしているので、正直云って特に目新しさはない。被爆者については14人とやや多めの証言になっているので淡々とした印象は拭えない。しかし、現在の姿といくらかの当時の映像による記録とのギャップがあり、年老いてしわくちゃになり傷が目につかなくなっているものの、若いうちはどれだけ辛い思いをしたのかが偲ばれる。

 証言者には「はだしのゲン」の原作者である中沢啓治を始め、何人か有名な方の姿もあった。

 原題は『白い光 黒い雨』。原爆を象徴するふたつだ。まぁ、黒い雨に関する証言はいくつかしかなかったが。

 しかし、この作品がアメリカのケーブルTV局HBOによって製作されたものであり、全米放送されたことは高く評価されるべきである。アメリカでの原爆展は開催されてもほとんど意味をなさないものになっていたようであるし、これによってヒロシマとナガサキを知った者も多いはずである。

 ちなみにこの作品は、渋谷で「1945年8月6日って何の日か知っていますか?」と問い掛けられ、答えることのできない若者の姿から始まる。

ヒロシマナガサキ
ヒロシマナガサキ

監督: スティーヴン・オカザキ
字幕: 日本語
画面サイズ: 1.78:1
ディスク枚数: 1
販売元: マクザム
DVD発売日: 2008/03/28
時間: 86 分

(表紙を拡大)

|

« エドワード・ゴーリー2冊 | トップページ | エドワード・ゴーリー2冊(BlogPet) »

ヒロシマ・ナガサキ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/40708074

この記事へのトラックバック一覧です: スティーヴン・オカザキ『ヒロシマナガサキ WHITE LIGHT/BLACK RAIN: The destruction of Hiroshima and Nagasaki」』(07):

« エドワード・ゴーリー2冊 | トップページ | エドワード・ゴーリー2冊(BlogPet) »