« 森永乳業「真夜中の贅沢 なめらかバニラ」を試す | トップページ | 日曜喫茶室(BlogPet) »

2008.03.23

日曜喫茶室

 週末の楽しみと云えば、「NISSAN あ、安部礼司~BEYOND THE AVERAGE」であったり、「Suntory Saturday Wating Bar AVANTI」であったりしている。この二つに関しては某所で録音データが入手可能なので、必ずしもリアルタイムに聴くと云うことはないのだが、もう一つの楽しみである「日曜喫茶室」に関しては録音データが出まわっておらず、自分で録音をしないといけない。幸いにも賃貸の自宅では民放FMの受信は良くないのだが、NHKFMは問題なく受信できている。

 録音データがあるのでリアルに聴く必要はなく、適当な時間に聴く。一番多いのは入浴時、そうしてドライブの時。これらの時は結構真剣に聴くのだが、寝る前にただただ流すのもいいのだ。音楽をまくら元で流すと目が冴えてしまう危険があるのだが、意外と人の話し声というのは子守り歌になる。もちろん音が大きいと内容に聞き入ってしまうので、聞えるか聴こえないくらいかがいい。TVを見ながら寝ると気持ちいいものだが、あれに非常に似ている。

 それで「日曜喫茶室」なのだが、この日曜日の午後のトーク番組ははかま満緒をホストにしたものなのだが、77年4月から始まった番組であり、30周年を迎える。あたしも中学の頃からよく聴いていた番組で非常に馴染みのあるものなのだが、昨年の4月から毎月の最終日曜日は松尾貴史ホストによるトーク番組「トーキング ウィズ 松尾堂」となっていた。松尾貴史って癖があり過ぎて、ちょっとキツいところがある。ホストがおもてに出過ぎるんだな。まぁ、月末はちょっと面白くないと云う感じだった。

 今日の「日曜喫茶室」の最後の告知を聞いてびっくりする。4月からは喫茶室は最終日曜だけになるというのだ。つまり、松尾堂と入れ替わりになって、喫茶室の回数ががくっと減るらしい。はかまさんは今年で71歳。やはりお歳と云うことなのだろか。淋しい告知であった。

|

« 森永乳業「真夜中の贅沢 なめらかバニラ」を試す | トップページ | 日曜喫茶室(BlogPet) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私ははかまさんの方がホストが表に出過ぎると思います。

客観的に聞いてみてください、どれだけ松尾さんがゲストを立てているか。

あなたがはかまさんや喫茶室のファンなのはわかりますが、根拠のない難癖は逆の説得力を持ってしまいますよ。

投稿: | 2009.07.31 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/40616900

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜喫茶室:

« 森永乳業「真夜中の贅沢 なめらかバニラ」を試す | トップページ | 日曜喫茶室(BlogPet) »