« 時事問題と算数 | トップページ | ネスレ本格欧風ココア »

2007.11.23

タカラトミー・HELI-Q(ヘリQ)

 3ヶ月程前に注文したタカラトミーのヘリQが届く。当初は10月の発売予定だったのだが、1ヶ月遅れての発売となったようだ。

ヘリQ
ヘリQ

タカラトミー
メーカーによる推奨年齢: 15歳以上
発売日: 2007/11/22

 とにかく本当に小さなラジコンヘリコプターである。全長13cm程度で、あたしの手のひらの中に完全に収まる。発泡スチロールでなくプラスチックで作られているにもかかわらず、重さは11g。正直言って作りはかなり粗い。筐体を左右で留めているのは6枚のいろんな大きさのセロハンテープである。また部品の接着は瞬間接着剤を使っているようで、白く粉を吹いている。とまぁ、かなり手を抜いたような作りになっているのだが、これらによって重さだのの条件をクリアしているのだろう。

 さっそく飛ばしてみる。

 操作機は上昇降下と左右旋回がレバーひとつで行うといった簡単なもの。基本的には前進に関する操作はできないらしい。それでもヘリが上ったり降りてきたりするのを操作するだけで十分興奮ものであり、そのあたりの操作が完全にできないと前進なんて云ってられることでもない。

 レバーを引き上げるとローターが回転し、本体が浮き上るが、本体自体も変な回転をして安定しない。回転はトリムとやらの調整で無くするようにと説明書に書いてあるが無くすことは不可能。それでもローターの回転出力をあげると立派に一気に宙に飛ぶ。レバーの調整をしないと天井まで一気に上って激突して、墜落する。サイトを調べているとこれでローターを壊してしまっている人も少なくないようだ。

 とにかく適当なところでレバーを緩めて20秒程中空を飛ばすくらいのことしかできないが、それでも十分に面白い。本体に電源が入っていると操縦席のあたりの赤い発光ダイオードが点滅するのだが、なかなか雰囲気があっていい。

 ラジコンヘリとして本格的に遊ぼうとするのならまったく相応しくないと思うけども、軽く飛び物のラジコンをしてみたいと云うのならなかなかいいかもしれない。どう考えても室内向けの玩具で、屋外でやれと云うカミさんの理解がどうしても判らなかった。

|

« 時事問題と算数 | トップページ | ネスレ本格欧風ココア »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/17179830

この記事へのトラックバック一覧です: タカラトミー・HELI-Q(ヘリQ):

« 時事問題と算数 | トップページ | ネスレ本格欧風ココア »