« 通勤(BlogPet) | トップページ | 新年度予算 »

2007.10.21

ETV特集「21世紀を夢見た日々~日本SFの50年~」

 あたしは間違いなくSFに育てられた人間である。怪獣映画からSF映画のファンになり、SF映画からSF小説にはまった。小4の時に学級新聞に連続SF小説を書いて好評だったので、原稿用紙100枚くらいのものを書いてみたりもした。エスエフ作家になることが間違いなく夢である時期が、高校に入るまで続いていた。

 星新一のショートショートから筒井康隆のエログロナンセンスの短編、小松左京のシュミレーション小説、そうして、筒井の実験小説に頭にきてしまった、というのがあたしの日本のSF小説の流れではないかと思う。1970年代半ばから10年くらいは真剣に付き合わせて頂いたような気がする。

 動く星新一の姿は初めて見たような気がする。彼のサインも見られたが、あたしが貰った葉書の通りの頭でっかちの「星」で懐かしかった。小松は本当に老けてしまって、これでは「日本沈没 第2部」の単独執筆なんて出来る訳ないと思う。あたしの叔父を太らせるとおそらくそっくりなので、ちょっと笑ってしまった。豊田有恒の雰囲気が変っているのに驚く。やはり皆、歳をとっている。

 SF小説としていうと、もう20年位前にそういうジャンルというのは消滅しているんじゃないかという気がする。結局、SFというのはものの捉え方の柔軟性をいうものであって、現実的であることを絶対としても意味がないことに対する理解でもあると思う。そういう意味では多くの表現分野においてSF的なもので満ち溢れていて、いまやそのレッテルを貼ること自体が意味をなしていない。

 そもさも1時間半程度で捉え切れる内容ではないと思うが、「日本SFの50年」という無理な括りは思いつかず、意外だった。拘っている人はやはり拘っているのだ。

|

« 通勤(BlogPet) | トップページ | 新年度予算 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/16834544

この記事へのトラックバック一覧です: ETV特集「21世紀を夢見た日々~日本SFの50年~」:

« 通勤(BlogPet) | トップページ | 新年度予算 »