« 寄る辺なき国の民 | トップページ | 本読みの秘かな愉しみ »

2007.10.31

天皇と呼ばれる人

 芸術や技能の世界では必ずしも当てはまるとは云えないかもしれないけど、そうでないところで「天皇」と呼ばれる人と云うのはやはり問題があるんだろうなと思う。

 能力があり、それが適正に活用されているのなら、まず、「天皇」と呼ばれることはなく、ただただ尊敬されるだけである。一般人を「天皇」と云うのには絶対的に揶揄の意味合いが含まれており、それは間違いなくワンマン的な人格の欠陥を指し示す。

 ここ最近、テンノウの私利私欲が露わになって、本性を表すことが多い。異常なほどに他人に厳しいという姿勢は所詮そのようなところにあるのかという気もする。これほど露骨なのも、さもありなん、という感じであまりにも馬鹿馬鹿しい。しかし、それまで目を瞑っていた周りにも問題はあるだろう。

 見れば判る。はずなのに、見ないでいるのはどうしてか。

|

« 寄る辺なき国の民 | トップページ | 本読みの秘かな愉しみ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/16935717

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇と呼ばれる人:

« 寄る辺なき国の民 | トップページ | 本読みの秘かな愉しみ »