« 通勤しなかった(BlogPet) | トップページ | 時限装置付き玩具 »

2007.09.12

大将の大将はやっぱり大大将だった

 多少はまともかと思っていた舛添が、「家族だんらん法」なる発言を昨日していたことを知り、"舛添、お前もか..."と落胆していたところ、安倍首相の辞任表明があった。

 いやぁ、もう凄いとしか云いようがなくはないですか。一番まともそうに見える大臣が実はどうしようもないお馬鹿と判ったら、首相本人が所信表明した直後にいち抜けたをする。常識では図り切れないことが平然と起こって、まぁ、やっぱりね、という印象もなくはないのだけども、この先を考えると真っ暗になってしまうのです。

 「家族団らん法」なんていう悪質な冗談をいう暇があるのなら、正社員の比率の低い企業は重税ペナルティを科すとか、もっと国民の生活にプラスになるようなことを考えろよ。馬鹿。

|

« 通勤しなかった(BlogPet) | トップページ | 時限装置付き玩具 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/16428311

この記事へのトラックバック一覧です: 大将の大将はやっぱり大大将だった:

« 通勤しなかった(BlogPet) | トップページ | 時限装置付き玩具 »