« O-Maruで作業された(BlogPet) | トップページ | 体調管理の必要な時期 »

2007.09.30

スタンリー・キューブリック『非情の罠 Killer's Kiss』(55)

 何だかんだと云いながら手に入れてしまったキューブリックの『非情の罠』。これでいまや幻となっている『恐怖と欲望』(53)以外は彼の作品12作すべてをメディアとしても入手したことになる。あたしにとってキューブリックはタルコフスキーとエリセに次ぐ存在なのだが、タルコフスキーについては8本中3本しか持っていない。なんたることだと思う。エリセはもちろん4作(短編を含む)すべて持っている。

非情の罠
非情の罠

監督: スタンリー・キューブリック
出演: ジェイミー・スミス

形式: Black & White, Subtitled
時間: 67 分

 翌年の次回作『現金に体を張れ』によく似た印象で雑多な感じ。ロケ撮影が多いからだろうか。キューブリックの映画というと寸分違わずに作り上げられた映像というイメージが強いがそれはまだまだない。低予算で作られているだろうし、街にカメラを持込んでという印象だ。

 ストーリーに強引なところがあるし、もたつきもかなりあるが、切れのいいカットの編集も多く、見せることにはやはり長けている。

 ってなところか。

|

« O-Maruで作業された(BlogPet) | トップページ | 体調管理の必要な時期 »

DVD」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/16614185

この記事へのトラックバック一覧です: スタンリー・キューブリック『非情の罠 Killer's Kiss』(55):

« O-Maruで作業された(BlogPet) | トップページ | 体調管理の必要な時期 »