« 大田洋子「大田洋子集 第一巻 屍の街」(82) | トップページ | ミニッツメイド 朝ベリー »

2007.08.31

もう秋かいな

 あたしはバイク通勤でこのシーズンは上着を着ることもなく、カッターシャツの長袖をまくって走っているのだが、ついに半袖では肌寒いという感じになった。本日の最高気温31度、最低気温26度ということらしく、ここしばらくずーっと続いている33度-26度と数字的には大きな変りはないのだが、まともに30度を超えたのは昼をまわって暫くしてからの1、2時間ということらしく、もう真夏ではないという感じがいよいよしてきた。

 この時期になると日暮れの早さが妙に気になり始める。日の入りは現在6時半過ぎで決して早くはないのだが、一日が過ぎるごとに一分間日の入り時刻が早くなる。もうひと月もすれば、仕事を終えて職場を出る頃には日が沈んでしまうことになるのだが、その日の短さが何とはなく感じられ、哀愁を誘うのだ。

 本格的に涼しいと感じるのはしばらく先になるのだろうけど、季節が移りつつあるのを間違いなく感じる今日この頃。

|

« 大田洋子「大田洋子集 第一巻 屍の街」(82) | トップページ | ミニッツメイド 朝ベリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/16300513

この記事へのトラックバック一覧です: もう秋かいな:

« 大田洋子「大田洋子集 第一巻 屍の街」(82) | トップページ | ミニッツメイド 朝ベリー »