« 殺虫剤 | トップページ | 飛行機事故 »

2007.08.20

無花果

 実家に週末から遊びに行っていた上の子が親父に送られて戻ってきた。その時にお土産として、叔父の家になっていたという無花果を10個ばかし持ってきた。いずれも10cmはある大きなものだった。

 無花果は今では買わないといけないが、小学校時代の通学路沿いに無花果の木があった。住宅地の中を流れているコンクリで固められていない用水路のすぐ側に木が植わっていた。特にどこの家のものというものではなく、勝手に取っても問題はなさそうだったが、一度も取って帰ったことはなかった。当時は無花果は甘いとは思っていたが、やや触感の気持ち悪い果物でしかなかった。皮を剥く時には必ず手が汚れたものだし。やがて水路は蓋がなされ暗渠となり、道路の通行が安全になった代わりに無花果の木がなくなってしまった。

 土産の無花果は大きいだけでなく、とても甘く旨かった。2、3個食って、冷蔵庫で冷やしてまた食った。この暑い中、冷えた無花果は一段と旨く感じた。無花果を抵抗なく食べられるようになったのは何時のことだろう。グニャグニャとした果肉とプチプチと潰れる種が何ともいえない。無花果は触感の食べ物かもしれない。

 一度も食ったことはないのだが、乾し無花果というものもあるらしい。決して珍しいものではなさそうなのだが、食べる機会がこれまでなかった。そのうち注文してみようと思う。

|

« 殺虫剤 | トップページ | 飛行機事故 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/16184150

この記事へのトラックバック一覧です: 無花果:

« 殺虫剤 | トップページ | 飛行機事故 »