« 天然の要塞 | トップページ | 祖父江慎とは何者か? »

2007.08.04

最後のスパークリング・カフェ

 昨年の夏からずーっとはまっていたスパークリング・カフェをとうとう飲みほしつつある。今、飲んでいる最後の缶は6月9日が賞味期限のもので、おそらく市場には存在しないと思う。

 あたしが初めて飲み始めた頃からすでに叩き売り状態だったので、ネットで1本35円程度のものをケース買いして、この一年ほど飲み続けていた。結局、24本入りを10ケースくらい下の子とふたりで飲んだのではないかと思う。下の子も随分と気に入っており、仕事から帰ってくると氷を入れたコップとこれを持ってきてくれ、自分も半分以上飲んでいた。

 最初の出荷で売れ行きが思わしくなく、早々に生産を中止してしまったんだろうな。

 コーヒーとも炭酸飲料ともつかない、得体のしれない飲物だったが、2006年の夏からの一年間は本当にお世話になった。変な風に忘れることのできない一年になりそうである。

|

« 天然の要塞 | トップページ | 祖父江慎とは何者か? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/16009012

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のスパークリング・カフェ:

« 天然の要塞 | トップページ | 祖父江慎とは何者か? »