« コムスン問題 | トップページ | 連日の年金関係報道 »

2007.06.07

あざといヤツはどこまでもあざとい

 おそらく息の根を止められてしまった結果になったと思うが、グッドウィルの準備周到さにはある意味感心してしまった。

 今回、コムスンの事業を日本シルバーサービスに譲渡するという方針をグッドウィルが発表したが、5月末に別会社の子会社に移される前までは、コムスンの子会社であった。この事業の譲渡がそのまま達成できれば、グッドウィルについてはほとんど痛手を負わない構造になっていた。

 それにしても会社を移してからすぐにこの厚生労働省からの指導であるから、タイミングがあまりにも良すぎる。厚生労働省の動きを知っていたか、これまでの処分を受ける前の営業所の廃止といった悪知恵がうまく働いていたかのいずれかだ。

 厚生労働省は事業譲渡に対して凍結するように行政指導したようだが、和歌山県知事の拒否発言が引き金になっているような節もあり、反応の悪さが気になった。もしかすると譲渡をそのまま監視を厳しくするということだけで終っていたかもしれないという懸念が残る。

 それにしても明らかに違法なところがないものの、この手のあざとい商売が、数年前には「これからの日本を担うもの」なんて具合に持ち上げられていたもんだけどな。なんで折口を候補に擁立しなかったんだろうね。

|

« コムスン問題 | トップページ | 連日の年金関係報道 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/15349231

この記事へのトラックバック一覧です: あざといヤツはどこまでもあざとい:

« コムスン問題 | トップページ | 連日の年金関係報道 »