« オムニバス『ウクレレ ウルトラマン』(06) | トップページ | 123,456番目のお客様は... »

2007.05.26

Buttero Rhodia メモカバー#11

 仕事で手帳としてMoleskine モールスキンを使っているがこれは走り書きには使わず、メモを取る場合はもっぱらRhodia ロディアのメモを使っている。席では必ず傍らにこのメモがあり、席を立つ時には胸ポケットに入っている。

 そういう愛用品なのでカバーも気に入ったものが使いたい。そもそもが消耗品なのでカバーなんて要らないと云えば要らないのだが、あった方が馴染みが出てきて面白い。そういったゆとりが欲しい。

 今まで使っていたのはドイツヌメを使ったカバーだったが、これは今ひとつだった。ドイツヌメというのが何か表面加工されているのか、使っているうちに表面がざらついてきてしっくい来ないのだ。

 おそらくペン差し&カード入れとして常時胸ポケットに入っているMSG.ポケットポケットはイタリアヌメということでButtero ブッテーロだと思うのだが、これが一年あまりで素晴らしくよい風合いになってきたのだ。革から油が滲んでツヤが出、色も飴色に一歩手前という感じだ。ドイツヌメが硬直したようなエイジングを見せるのに対してイタリアヌメは表情豊かで艶やかである。

 ということでロディアのカバーもブッテーロのヌメに変えよう(すでに使っているものは自宅で使用する)と思っていたのだが、ほかの色はあるもののヌメのみが品切になっていた。定期的に在庫状態を確認していると先々週、ようよく在庫ありになったのでさっそく注文をした。今回は名前の刻印入りにしたため、本日、やっと納品になった。刻印はカバーの真正面にしたのだが、目立つかなと思っていたが、それなりに型になってて想像以上にシックな出来になっていた。

 ドイツヌメのものは裏地に合皮があてられ、小奇麗な作りになっていた。革と合皮の間にはおそらく補強用の厚紙も添えられているようで、カバーを折り込んで使う時は開き癖が綺麗について使い勝手が良かったのだが、ブッテーロ製のものは裏地はなく、一枚革をそのまま折るような感じで使うことになるので、しばらくは癖もつかず、使い勝手は悪そうである。実用的なところを重視するなら、ドイツヌメを使った方がいいかもしれない。

|

« オムニバス『ウクレレ ウルトラマン』(06) | トップページ | 123,456番目のお客様は... »

ステーショナリー」カテゴリの記事

革製品」カテゴリの記事

コメント

「モレ.スキン」と呼ぶらしいぞ(^_^;)

今愛用中。2007年版の赤いスケジュール帳だけどね。
(黒はハードカバーじゃないんで、やむを得ず赤しか
ないので。)

ちょっとしたメモ書きには、ロディアもいいけど、
ロールバーンもいいぞ、あの方眼が適度で良いのだ。
まぁ知ってると思うけど(^_^;)


投稿: きつつき | 2007.06.04 01:17

お久しぶりです。

Moleskineはここ数年、輸入元がモレスキンと呼べ、と言っているようですが、以前からの愛用者は昔からの日本語表記のモールスキンを使っているようです。

赤のスケジュールはそのまま裸で使っているんですか? 気にすれば気になるけども、そのまま赤で使うのも個性的でいいかもとかと思う。今使っているのは1年半のヤツでこれがなかなかいい量で、今年の暮れに同じようなものを出して欲しいと思っているんですが、どうなるんでしょうねぇ。

ロールバーンは初めて知りました。でも、あのスプリングタイプというのは使い勝手はいかがなもんでしょう。ロディアはストックせずに切って捨ててしまうと云う使い方をしているのだけど、スプリングだとなかなか捨てるような感じもないし。

投稿: O-Maru | 2007.06.04 23:40

どもども。

赤の奴はそのまま使ってますね。まぁポケットサイズだし
一年で終わるけどね。(次は手に入るだろうか(^_^;))

ロールバーンは一枚づつ切り取れるし、ビニールのポケッ
トも有るんで、ちょっとした期間の使い捨てメモには持っ
てこいですね。ロディアみたいに派手でないし、目に優し
い(^_^;)

切って捨てるならMISPRINTのコピー用紙で充分だ(^_^;)

投稿: きつつき | 2007.06.04 23:56

たぶん外国産のものは国産のものよりも割高だろうから、国内のメーカーに頑張って貰いたいんですけどねぇ。測量野帳なんていう定番もあるけどもう一工夫欲しい。

ロディアはカバーつけているんで橙の表紙は気になりません。200円もしない使い捨てのメモ帳にその20倍もするカバーをつけて使うというのは本末転倒だっていうのは、重々承知。

投稿: O-Maru | 2007.06.05 23:55

どもども

一時、ロディアも使ってたけど、ああいう切り取りタイプ
って残りが少なくなると使いづらくありません?

だからロールバーンに替えたんですけどね。


投稿: きつつき | 2007.06.06 23:44

もしかして、メモ帳の両面を使っていたとか。

ロディアに関しては表面しか使わず、
切り取ったのを念の為に一定期間そのまま抽出しに放り込んでおいて、ある程度たまると処分という感じで使ってます。

ためし書きとかは抽出しの使用済みの裏面を使ったりするんですが、
贅沢だけども裏面は使わない。

ということで、あたしの場合は少なくなっても使い辛さはなくて、
かえって軽くなるから持ち運びにはいいという感じです。

ロールバーンなら否応なく両面使いしてしまいますね。

投稿: O-Maru | 2007.06.06 23:57

いや、切り取っていくと薄くなるじゃないですか。
あと数十枚となると無駄に使ってしまうんで(^_^;)

ただそれだけですね(^_^;)

投稿: きつつき | 2007.06.15 00:21

無駄に使ってしまうと云うか、下手すると使い切らないまま新しいのを出してしまって、そのままどこかにやってしまうとか。

一年強使っている罫線のモールスキンがあと10数枚ほどで終るんだけども、完全に使い切ろうか、新しいものに替えようか非常に悩んでいるところであります。今の部署は手帳はスケジュール管理がメインで、罫線ものはあんまり使わないんですよねぇ。

投稿: O-Maru | 2007.06.17 01:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/15214884

この記事へのトラックバック一覧です: Buttero Rhodia メモカバー#11:

« オムニバス『ウクレレ ウルトラマン』(06) | トップページ | 123,456番目のお客様は... »