« ついにこの時が来た | トップページ | デイヴィッド・リーン『アラビアのロレンス Lawrence of Arabia』(62) »

2007.04.06

ZENITH 586

ZENITH 586 一見刺抜きのような形をした製品であるが、これが思った以上に優れたものなのである。いったいなにに使うのかというとステープル(いわゆる日本で云うホッチキスの針)を外す際に使うリムーバーである。

 ZENITH(ゼニス)というイタリアのメーカーによるものだが、今まで使っていた日本製のものはペンタイプのものの先にヘラがついていて、それをステープルと紙の間に突き差して剥ぎ取るという仕組みのものだったが、これは摘み取るといった感じか。使い勝手は想像以上によい。初めは多少の慣れが必要だが、いったん慣れてしまうと、先のペンタイプのものよりか遥かに素早く作業を進めることができる。

 異動の際、机の上に山積みになっていた50cmくらいの書類もこのリムーバーでかなり楽に処理できたという実績がある。ということで、事務処理とかで針外しが必要な方にはぜひお薦め。ただ問題なのは外した針がどこかにいってしまうこと。弾け飛んでしまうことも多い。

|

« ついにこの時が来た | トップページ | デイヴィッド・リーン『アラビアのロレンス Lawrence of Arabia』(62) »

ステーショナリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/14605207

この記事へのトラックバック一覧です: ZENITH 586:

« ついにこの時が来た | トップページ | デイヴィッド・リーン『アラビアのロレンス Lawrence of Arabia』(62) »