« 薬師丸ひろ子『"Wの悲劇"より-Woman』(84) | トップページ | 実刑判決 »

2007.03.15

サングラスを新調か...

 これからはサングラスの本番のシーズンになる。現在使っているものは10年ほど使っており、すでに購入店でツルと縁の結合部が取れて修理してもらったことがあるが、ぐらつきが出始め、また様子が怪しくなってきている。困ったことに購入店は閉店しており、現在使っている店では修理は出来ないという。10年間、真冬の3ヶ月間を除いて毎日使ってきたのだから、いい加減、新調してもいいかと思った。

 何時ものようにオークションで漁っていると、サングラスに似合うやや大きめのフレームが見つかった。縁の部分が透明のプラスチックでブリッジやツルはブラウン系の金属製である。コカ・コーラブランドのようでデッドストックとして出品されていた。結局、開始値の1,000円(+送料740円)で落札する。手もとに届いたものには22,900円という値札がついていた。いつも思うのだが、メガネの値段というのはあってないようなものだ。ブランドに対する価格があまりにも高いような気がする。

 大きさといい、実際に手にとってみても申分ないのだが、フレームが透明であり、やはりアクセントになってしまう。ややカジュアルになってしまうところが気になる。サングラスをカジュアル、ノーマルと使分けるのも何だか面倒だし、ちょっと悩んでいたりする。度入りレンズをサングラスように染めると少なくとも15,000は下らないんだよね。ものは試さないと判らないものだけど。色は今度はグレイかな。今使っているヤツはグリーンで風景が綺麗く見えるんだけど、このフレームデザインだとやはりグレイしかなさそう。週末には眼鏡屋に行ってみるか。

|

« 薬師丸ひろ子『"Wの悲劇"より-Woman』(84) | トップページ | 実刑判決 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/14277089

この記事へのトラックバック一覧です: サングラスを新調か...:

« 薬師丸ひろ子『"Wの悲劇"より-Woman』(84) | トップページ | 実刑判決 »