« 訃報・植木等 | トップページ | ピタゴラ装置DVDブック1 »

2007.03.28

池田爆発郎『PiNMeN(ピンメン)』(03)

 うちの賃貸はTVの共同アンテナはなく、その代わりにCATVに強制加入となっている。そこではアニマックスというアニメ専門チャンネルがあって、当然のように子供はそれに見はまっていた。

PiNMeN (ピンメン) オリジナルフィギュア付
PiNMeN (ピンメン)
オリジナルフィギュア付

監督: 池田爆発郎
出演: 池田爆発郎, ホモサピエンス・サピエンス

 PiNMeNとは、何なのか。

 圧倒的な科学力を持ち、戦争さえもとうの昔に過去のもととなっている、非常に高度な文明を持つ、地球から遠く離れた星に住む宇宙人、「PiNMeN」。だが、彼らは重大な問題を悩みとして抱えていた。それは、星をあげてのとてつもない貧困。だがそんなある日、彼らは遠い銀河系に、水と緑があふれる惑星があることを知り、その星、地球へと出稼ぎに向かう。

 10人の宇宙人が地球でアルバイトをする様子を毎回3分間で描くというのが、このシリーズである。じゃがいも頭に針のような胴体と手足というアンバランスな体型の彼らがオドオドと見知らぬ地で働く姿は何ともいえずユーモラスである。宇宙人だから台詞は判らない。シンプルな最小限の描画に彼らの表情は映え抜く。非常に優れたデザインである。

 またミクロからマクロといった描き方がなされ、初めはなにをやっているのか判らないのが、最後に判明すると云う手段を取っていて、判じ物というスタイルも取っているから退屈することはない。アイディア勝負なところもあり、第1シーズン3分ものが12話という短く思える作品集ではあるが、製作者の苦労はなかなかのものではなかったろうか。

 子供が見ても大人が見ても十分に楽しめる作品である。

|

« 訃報・植木等 | トップページ | ピタゴラ装置DVDブック1 »

DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/14483434

この記事へのトラックバック一覧です: 池田爆発郎『PiNMeN(ピンメン)』(03):

« 訃報・植木等 | トップページ | ピタゴラ装置DVDブック1 »