« 子供の帰宅 | トップページ | いつも見かける風景だけど... »

2007.02.10

Yomupara『テーブルクッション』

テーブルクッション 先日、ニーチェアXというリクライニングチェアを購入したのだが、そのままで本を読むのには姿勢的に難しい状態だった。そこで新たに導入したのが、読書向けの商品を取り扱った快読ショップ Yomuparaによるテーブルクッションである。

 テーブルクッションは写真を見ての通りの台形をしたクッションで、ひとつの面について堅めのボードがあてがわれているといったもの。実にシンプルな構造なのだが、膝や腹の上において本を置く面の高さを調整できるのは非常にいい。それまで、ニーチェアXに座って本を読もうという気にはなかなかなれなかったが、このテーブルクッションによって楽に出来るようになった。大きさ的にはノートパソコンをこの上で扱うことも十分に可能である。クッションの生地は帆布を使ったもので、あたしは生成とブルーを選んだのだが、実にしっかりとした作りで、なおかつシンプルないでたちは見ていて非常に好ましい。

 ニーチェアXは座るとやや上向きになるので、100円ショップのダイソーで『足まくら』というものを手に入れる。ドーナツ型のビニール製エアークッションで、まくらの中心の穴に足を入れて横になり、足を宙に浮かせてむくみを取るといったもの。女性向けなのか、あたしの足はこの穴にまったく入らず、足まくらとしての使用は不可能である。ただし、これが頭の部分に添えるクッションとして最高の作りだったりするのだ。ドーナツ型のまくらといっても、上半分と下半分では大きさが異なっている。クッションの厚みが違うので、上下を入換えることで、空気の量を調整することなくあてがう厚みを変えることができる。さらに中央に穴があるので、頭への固定が完璧で、位地がずれるという心配が全くない。

 この2つのグッズで、快適な椅子に座っての読書環境を得ることができた。いやはやである。

|

« 子供の帰宅 | トップページ | いつも見かける風景だけど... »

おすすめサイト」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

通販」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/13863662

この記事へのトラックバック一覧です: Yomupara『テーブルクッション』:

« 子供の帰宅 | トップページ | いつも見かける風景だけど... »