« 気象だね(BlogPet) | トップページ | 献血マニアの嘆き »

2007.02.26

正と負

 先に自殺しようとした女性を助けようとして死亡してしまった宮本警部の碑を建てることを板橋区が考えているという報道があったが、その気持ちも判らなくはないが、結果的に加害者になってしまった女性のことを考えると複雑な心境になってしまう。女性は初めから警官を巻添えにするつもりはなかった筈だが、不幸にも殉死させるに至ってしまう。しかし、彼女の死のうという執拗な行動がなければ、そのような事態に陥ることはなかった。

 おそらく何の刑罰にも値しないだろうが、かの女性には人を殺してしまったという意識が残るに違いない。

 警部を英雄視する報道傾向があるのだろうが、報道するものはこの女性のことをどのように考えているのだろうか? 特に話題にしていないのだから、問題はないと考えているのだろうか? あまりにもひとりの人間を行き着くところまで追い込みかねない報道のやり方に無神経さを感じ、腹立たしい。

|

« 気象だね(BlogPet) | トップページ | 献血マニアの嘆き »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/14058433

この記事へのトラックバック一覧です: 正と負:

« 気象だね(BlogPet) | トップページ | 献血マニアの嘆き »