« クリント・イーストウッド『硫黄島からの手紙 Letters from Iwo Jima』(06) | トップページ | 今年の正月 »

2007.01.02

勿体ないお化けを一匹退治

 先日購入したSABO STUDIOのICE CREAM SPOONなのだが、一向に使う状態にならない。カップアイス用のスプーンなので、シーズン・オフということで使うようにならないということもあるのだが、それでもこの中の金メッキのヤツなんてシーズンになっても使えない可能性は大だ。

 あたしにとって面白くないものは仕方ないが、そうでないものを箪笥の肥やしにするのは嫌いである。良いから使えないというのは、あたしの理解を超えている。良いものならそれは使い倒すべきなのである。

 ということで、ICE CREAM SPOONのうち、金メッキのものはさっそくしおりとして使うことにした。大きさも実に申分ない。さらに本を読んでいる間の手遊び道具としても非常にいい。

 今年は勿体ないお化けを生まないことがモットー。

|

« クリント・イーストウッド『硫黄島からの手紙 Letters from Iwo Jima』(06) | トップページ | 今年の正月 »

ステーショナリー」カテゴリの記事

コメント

プレゼント用にとSABO STUDIOさんのアイスクリームスプーンを調べていたらこちらにたどり着きました。ステンレス、金メッキ、銀メッキの鏡面仕上げを購入されていますが、使い心地はどんな感じですか?
今、ヘアラインという製品が新たに追加されていて、ちょっと気になるのですが、舌触りを考えると鏡面仕上げかなと・・。無駄に豪華(敢て)と言う点では、やり過ぎ感漂う金メッキ。ガンガン使うならステンレス(安いし)。ステンレスよりも高級な光沢を求めて銀メッキ。という感じで迷ってます。お聞きしたいのは、

金メッキの輝き具合。(やはりインパクトの有る豪華な輝きなのでしょうか?)

それぞれの傷の付きやすさ。(あとメッキがはがれそうな気配があるかどうかも)

ステンレスと銀メッキの質感の違い。

です。他にも使っていて気になったところがあればお聞かせ願いたいと思います。いきなり長文&質問攻めですいません。(なんせ情報が少ないもんで、汗。)よろしくお願いいたします。

投稿: むらぽん | 2009.11.15 18:15

こんにちは。

質問があったので現物を確認しようとしたところ、銀のものはどこかに行ってしまって、行方不明です。
栞代わりに使っていたら、もしかすると、もう見つからないかも、です。

ということで、まず始めに云っておくとすれば、アイスクリームスプーンとしては使えないということです。
店頭でアイスを買ってすぐ食べるなら、木製のスプーンは必然的に使うことになると思うのですが、家に帰って食べるとなると普通の金属のスプーンを使うと思います。どう考えても、凹みのあるスプーンを使う方が勝手がよく、わざわざこの平スプーンを使うことは避けると思います。

このプロダクトはスプーンとしての実用品というよりも、ポップアートとして捉える方が正しそうです。最近のプロダクトでは色んな素材を用いたものがセットになったものを出しているようですし、これは実用でない何かのためであるというよい見本でしょう。

金メッキですが、見事なド派手な金色です。メッキでも金ですから傷はつきやすいです。銀も同様です。銀の光沢はステンレスより暖かい感じがあります。

といったところです。

投稿: O-Maru | 2009.11.16 21:58

なるほど。何となくそんな予感はしていましたが、やはりアート的(ネタ的)要素が強いんですね。
でもやはりデザインとしての面白さや、値段の手ごろさなどで、「自分では買わないけど一度使ってみたいかも。」という部分でプレゼントとしての用件は一応満たしているかなと思いました。なので、封を開けてもらって最初にウケてくれるかどうかの勝負になるかと思います。多分最初何回か使って、飽きたら引き出しに眠ってしまうパターンだと思いますが、他の友達に「こんなのあるんだよ。」ってびっくりさせたり、たまーに思い出した時に使ってもらえれば大成功かと思います。

この度はお手数おかけしました。わざわざ探していただいて、本当にありがとうございます。レビューも具体的で、大変参考になりました。
金メッキが、見事なド派手な金色ということで、「どんだけ無駄に豪華やねん。」と言わせたいとこでかなり迷いますが、多分最終的にステンレスにすると思います。いやーホントありがとうございます。

「ブログ」があってよかったー!

投稿: むらぽん | 2009.11.16 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/13312410

この記事へのトラックバック一覧です: 勿体ないお化けを一匹退治:

« クリント・イーストウッド『硫黄島からの手紙 Letters from Iwo Jima』(06) | トップページ | 今年の正月 »