« お金の子守 | トップページ | 07 Buttero MOLESKINE Classic Pocket カバー »

2006.12.28

御用納め

 本日で2006年の業務は終了、御用納めである。以前ならば半ドンでみな帰っていたが、今はそうもできない。有給を取るというのは可能であり、昔の習慣に習って帰る者は少なくない。

 社会保険事務所なんて10年位前ならまだ事務所を締め切っていない10時くらいからカウンターのすぐ向こうで宴会をしててびっくりしたものだ。役場とはいえ、余りの杜撰さにびっくりしたものだ。もっと前はどこの役場でもそういう光景が見られたのかもしれない。うちの部署では御用納めのお昼は毎月積立てている課内費で寿司が振舞われる。

 この寿司が思った以上に豪華なようでひとりずつパックになっているのだが、一人前2000円以上するという。10貫くらいあって、まぁ、腹は太るもののそんなに高価なものだとは知らなかった。魚がダメだという子がいて、その子は幹事に寿司の代わりにトンカツ弁当を用意して貰っていたらしいのだが、寿司の2000円いくらかよりは安いということだった。

 それにしてもその子を含めて2人魚が食えないと云う人がいて、宴会では幹事は別料理を用意しておかないといけない。二人とも30代、40代の半ばで随分な大人なのだが、こういった○○は食えないというのはどこで起こったものなのだろうかと思ってしまう。というか、多少の好き嫌いは矯正されるもので、ある食べ物だけはダメというのはまだ理解も出来なくはないが、「魚全般だめ」となるとこれまで彼らの親はどうしてきたのかと思う。アレルギー体質があって、というのなら理解できるが、臭いがとかというのはどうしてだという範疇になる。しかも、魚は基本的に全般ダメだけど、ふぐはOKなどと言ってみたりする。こうなると、おちょくられている気分になる。

 そんなこんなで午前中には大きな懸案事項もクリアできる見通しをつけたしで、人のほとんど居なくなってしまった午後の事務所で久しぶりにのんびりしておりました。年明けて週明けまでは事務処理の締め切が団子になってて戦争状態になるんだけど、ま、そんなことは知ったこっちゃない。

|

« お金の子守 | トップページ | 07 Buttero MOLESKINE Classic Pocket カバー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/13244737

この記事へのトラックバック一覧です: 御用納め:

« お金の子守 | トップページ | 07 Buttero MOLESKINE Classic Pocket カバー »