« 今日、入手したもの | トップページ | 本の取り扱いは難しい »

2006.12.02

夏川りみ Concert Tour 2006-2007 とことわ~天の風

 夏川りみのコンサート招待に応募して当選したので、行ってみる。夕刻、会場に向かうために外に出ると、気温も低く、風も強いという最悪の状態。バイクを転がしながら泣きたくなって、途中で帰ろうかと一瞬思ったものの、やはり頑張って会場まで行く。まぁ、10数分だから6000円という入場料を考えると辛抱するに越したことはない。

 思った以上にひとが多い。どのくらいあたしのように招待されているのか判らないが、当日券もそこそこ出ていたのではないかと思う。女性が圧倒的に多いコンサートである。席は1階のやや中央、最後列から2番目。別に文句のある場所ではない。

 本当にこの人のことはまったく知らなくて、今回初めて唄っているのを聴くことになった。まぁ、『涙そうそう』くらいは知っているが。沖縄出身らしく、そちら方面の歌も幾らか。沖縄の歌専門かというとそういうわけではない。沖縄は音楽の土地であるし、やはり土地の歌には馴染みが強いということなんだろうと思う。

 歌声を聴いていて、上々颱風の西川郷子の声に似ているなと思う。西川の方がおそらく声は高いが、歌い方がとても似ているのだ。そうして歌唱力も間違いなくある。が、なんだろうなぁ、今ひとつアピールするところがないというもの事実。紅白は5回目の出演となるらしいが、ずーっと『涙そうそう』ばかりを歌っていたようで、一般的には曲が先行する歌手となってしまっているのではないだろうか。勿体ない話だ。やはり自らが曲を作るか、作曲家を固定して歌を作るようにしなければ、今後は厳しいのではないかと思う。もう一つ歌い手の個性を出す方法を考える必要がある。

 観客の躍りによる参加(『タイガービーチ』)や、朗読ドラマの間に歌を交える等の趣向が凝らされていて、まったく知らない人間にも退屈させることなくコンサートを楽しませる作りは見事だった。となりの女性はかなりのファンだったようで、顔の前に手を合わせるようにして真剣に歌う姿に食入り、コンサートの最後の方では歌の内容に感極まってか泣いているようだった。

 アンコールは『涙そうそう』とTHE BOOMの宮沢に提供して貰ったという曲。『涙そうそう』もあんまり聴いたことがなく、本格的に認識したのは昨年放送されたTBSのドラマ『広島・昭和20年8月6日』でである。このドラマのエンドロールでこの『涙そうそう』と共に被爆者の記録写真が流された(再放送ではドラマのシーンに差替えられていた)。これらの記録写真はまったく知らないわけでもなかったが、不意打のように流されたので、あたしにすら少なからずショックだった。困ったことに、このふたつが完全に対になってしまっており、『涙そうそう』を聴くとあの映像を思い出し、痛ましい気持になってしまう。そういうひとは私だけではないだろう。TBSも罪なことをしてくれたもんだと思う。

涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版
涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版

 それにしてもホールの最後列に近くなるとステージに立っている人の顔なんて全く判んないですね。もともと夏川りみという人の顔を知らないんだけど、コンサートに行っても結局判らず終い。使うのは恥ずかしいかもしれないけど、オペラグラスを使うのもいいかなと思う。まぁ、遠目にもこの人の胸は大きいということだけはよく判った。

|

« 今日、入手したもの | トップページ | 本の取り扱いは難しい »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/12909048

この記事へのトラックバック一覧です: 夏川りみ Concert Tour 2006-2007 とことわ~天の風:

« 今日、入手したもの | トップページ | 本の取り扱いは難しい »