« 灯の恋しい季節 | トップページ | ぎょうせん飴 »

2006.10.16

Google Earth

 あたしは基本的に地図というものが好きで、昭文社のマップルが一冊あれば数日はそれだけで費やせる自信がある。地図はとにかくうきうきするものなのだ。

 昨年、3D地球儀ソフトのNASA World Windが公開された時は、全世界の航空写真をみることができると云うことで随分と驚いたものだが、いまやGoogleもそれに勝るGoogle Earthをリリースした。Google Mapsもよく使わせて貰っているコンテンツなのだが、こちらは航空写真と通常地図の両方を対象にしているが、Earthはやや航空写真重視かというようなところがある。しかし、建物の3D表示も可能であり、その情報量は並ではない。

 この地図コンテンツで改めて確認できたこともあった。国道が混んだ時の裏道として使っている道があるのだが、これがかなり直線を保っている。通常の住宅道路ならそんなに直線を保つことはないのだが、裏道ながら数kmも一本道を保っている。Google Earthでその道を辿ってみると隣県からのおそらく数百kmは続くであろう旧街道であることが判明した。地図が好きでいろんな地図を眺めていたのだが、それまでこの事実を知ることはできなかった。Earthは形状がメインな地図だが、道路に関してはなかなか詳細な情報を提供している。

 もっとも都市部になるほど情報は詳細で、航空写真で言うと、東京は車の形まで明らかに判るが、あたしの住んでいるようなところだと建物の輪廓が判明する程度、さらに過疎地になると地形くらいしか判明できなくなるが、これらの情報が無償で提供されるのはやはり凄いことだと思う。

 Googleは人気動画投稿サイトのYouTubeを買収したというし、思った以上に巨大化しているような気がする。こういったサイトは今後、段々と脅威になってくるんだろうなと思う。World Wide Webというシステムなんて所詮、形態だけであって、集約しなければ価値がない。無限大は限りなく無に近いのだ。こういう情報集約機構のウエイトの大きさに改めて恐怖したりもする。

|

« 灯の恋しい季節 | トップページ | ぎょうせん飴 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ソフトウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/12310556

この記事へのトラックバック一覧です: Google Earth:

« 灯の恋しい季節 | トップページ | ぎょうせん飴 »