« 77,777番目のお客様は... | トップページ | 『美しい国、日本』 »

2006.09.29

愛機とお別れ

PowerShot S80 先日、愛機のデジカメCanon PowerShot S40を修理に出したのだけど、取り次ぎの電気屋から連絡があった。「すでに生産中止になっており、修理するための部品もなく、修理は不可能。よって、現行機と交換させて欲しい」というメーカーからの申し出があったらしい。あの噂はもう絶対的になっていたようだ。S40は1/1.8インチCCDで400万画素、交換するというPowerShot S80は同じく1/1.8インチCCDで800万画素。画質はかなり落ちていると聞く。一応の情報が前もってあった訳だが、やはり実際にそういうことになるとやはり迷う。電気屋の問い合わせの電話では、どうするか(交換するか、そのまま引き取るか)保留にさせて欲しいということで、同僚に相談してみる。

 同僚曰く、中古ならオークションとかで手に入るんでしょ。だったら、新しい方を手に入れた方が得なんじゃないの? 新品は5万円必要だけど、中古なら1万円かからないんでしょ。

 実に明快な理論である。S40にこだわるのなら、S80の新品をそのままオークションに出し、その落札金で中古を買うとすると十分におつりがある。愛機としてのこだわりを捨てるのなら、新品と交換した方がはるかに有利そうである。ということで、交換を了承した。さらにメディアがCFからSDに変わり使えなくなるなるので、使用中のメディアの交換に応じるという話もあった。しかし、あたしが使っているのはCFでなく、CF互換のマイクロドライブ1Gで、これは4万円くらいで購入したもの。そこいら辺のSDとそうそう交換出来るものではないという話を店員にすると、メーカーと相談してみますという返事だった。

 交換するにも一週間くらいかかるらしい。新しいカメラが来るにもかかわらず、ちっとも浮き浮きしない。なんか淋しい。

 今日注文したDVD。ピンク・フロイドの伝説のライブ映像『驚異』。こちらはは浮き浮きして到着を待っている。

ピンク・フロイド『驚異』(94)
ピンク・フロイド『驚異』(94)

|

« 77,777番目のお客様は... | トップページ | 『美しい国、日本』 »

DVD」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/12088374

この記事へのトラックバック一覧です: 愛機とお別れ:

« 77,777番目のお客様は... | トップページ | 『美しい国、日本』 »