« 『美しい国、日本』 | トップページ | YS-11 »

2006.09.30

為政と抽象的フレーズ

 安倍ちゃんの「美しい国、日本」はまずかったと思う。ここには何もないからだ。安倍ちゃんの中には具体的な理想郷が見えているのかもしれないが、我々には何も伝わってこない。為政には抽象的な表現は絶対的な避けなければならない。コイズミはダメダメだったが矮小ながらも具体的な政策を掲げていたから、まだ救いがあった。

 馬鹿ブッシュにしても正義という曖昧模糊なフレーズを掲げて戦争を起こしたが、それもどうもアホな米国民に対しても化けの皮が剥げてしまっている。正義の中身というはそもそも何もないんだよね。正義といってしまうあたりで、もう危ういと考えた方がいい。

 コイズミの後継者としてそのままストレートに首相を引き継いだ安倍ちゃんがある意味、コイズミと対極にあるというのにも驚いた。

 為政とは現実そのもので、具体性がちっとも見えなければ戯言の糞のようなものとすべし。

|

« 『美しい国、日本』 | トップページ | YS-11 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/12094783

この記事へのトラックバック一覧です: 為政と抽象的フレーズ:

« 『美しい国、日本』 | トップページ | YS-11 »