« おおえひで『八月がくるたびに』(2001年版) | トップページ | おおえ ひで・作 篠原勝之・え『八月がくるたびに』(71年初版) »

2006.07.22

長崎市『長崎原爆戦災誌 第一巻 総説編 改訂版』(06)

『長崎原爆戦災誌 第一巻 総説編 改訂版』/クリックで拡大表示 先日、長崎原爆資料館に注文しておいた『長崎原爆戦災誌 第一巻 総説編 改訂版』(06)が届けられる。本体価格5,000円(書籍に価格の記載なし)、送料840円。 発行日は平成18年3月31日と前年度末の日付になっているが、販売は5月になってからのようだ。

 長崎の戦災誌は昭和48年7月に着手し、今回改訂となった「第一巻 総説編」を昭和52年3月31日に発行して以降、昭和60年3月30日発行の「第三巻 続・地域編 終戦前後編」まで足かけ12年で全5巻を発行している。今回の改訂は被爆60周年記念事業ということで平成16年4月に着手した。

 改訂版と初版の大きな違いは83ページの増ページである。内容の変更については初版を読み込んでいる訳でもなく、よく判らないが、長崎新聞ではこのように報じている。巻頭グラビアの写真の一部入れ換えが行われていると同時に印刷自体美しくなっている。また装丁も同じ会社が印刷を担当しているということもあってか、ほとんど差がない。背は革装で表紙のクロスの色がちょっと明るい緑になったくらいだ。

 それにしても発行部数が1000部とはあまりにも過小評価していないだろうか。少なくともその倍の発行は必要であると思うのだが。

|

« おおえひで『八月がくるたびに』(2001年版) | トップページ | おおえ ひで・作 篠原勝之・え『八月がくるたびに』(71年初版) »

ドキュメント」カテゴリの記事

ヒロシマ・ナガサキ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

通販」カテゴリの記事

コメント

きょう、改訂しなかったよ。

投稿: BlogPetのフタキンSkywalker | 2006.07.23 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/11059059

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎市『長崎原爆戦災誌 第一巻 総説編 改訂版』(06):

« おおえひで『八月がくるたびに』(2001年版) | トップページ | おおえ ひで・作 篠原勝之・え『八月がくるたびに』(71年初版) »