« 加門七海『怪談徒然草』を精読 | トップページ | ジャン・ユンカーマン『映画 日本国憲法』(05) »

2006.06.08

リッチな昼飯は...

 すぐ隣の新卒のアルバイト君に何か妙に気に入られてて、「O-Maruさん、今日はお昼にカレーを食べましょうよ」なんて誘われる。しばらく前、10倍カレーが旨いんだ、というような話をしていたのが引っかかっていたらしい。近所のココイチでとるということらしいのだが、ここは配達一回につき200円取られるので、「言い出しっぺのお前が買ってこい」というと「イヤですよ。めんどい」とあっさり蹴られてしまった。

 あたしはもちろん最辛の10倍カレー。アルバイト君は極真空手をやっている身長185cm、体重100kgという巨漢なのだが、甘口で注文している。体に似合わずのオコチャマ野郎なのだ。

 お昼になり、配達されたのだがとあたしのカレーにはスプーンがなかった。店員が入れ忘れていたのだ。仕方ないので、職場のコーヒースプーンで食う。ちまちま食うのはなんだか妙に惨めだった。しかも、以前は配達では大盛り400gしかできなかったのが600gまで可能になったらしく、さっそく500gの大盛りで注文したのだが、ご飯500gというと一合、少なくはなかった。どんぶり飯を小スプーンで食ってると、これが疲れるのだ。ご飯そのものが熱いし、10倍を平気で食べるもののまったく辛くないと云うわけでもないから、思った以上に辛いものがあった。とりあえず、15分もかかっての完食。

 アルバイト君には一口はあげると云う約束をしていたので、ルーたっぷりで一口食べさせた。食うや否や「これ人間の食うもんじゃないっス。こんなもん食ってると痔になるッス。O-Maruさん、人間じゃないっしょ」なんて、軽口を叩きやがる。18歳もの年齢差があるにもかかわらず、完全におちょくられている自分が情けない。

 出費だけはリッチな、リッチであるようなないような本日の昼飯でございました。

|

« 加門七海『怪談徒然草』を精読 | トップページ | ジャン・ユンカーマン『映画 日本国憲法』(05) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

フタキンSkywalkerは、情けない巨漢などやっている
O-Maruは、ネットで年齢など取られるので
O-Maruたちが、大盛りなどを注文したかった。


投稿: BlogPetのフタキンSkywalker | 2006.06.09 18:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/10445502

この記事へのトラックバック一覧です: リッチな昼飯は...:

« 加門七海『怪談徒然草』を精読 | トップページ | ジャン・ユンカーマン『映画 日本国憲法』(05) »