« 映画のモノラル音声 | トップページ | 風邪(BlogPet) »

2006.06.05

連行される容疑者

 ここ最近、イヤな事件が相次いでいるが、いつも思うのが逮捕されて連行される容疑者が頭から上着を被られるのはどうしてだろうということ。ごくたまに、たぶん死刑が決まったばかりの小林薫がそうだったと思うが、そのままの姿で連行される。その数は報道されるものでは1割くらいではないかと思う。

 あれって、どういうことなんだろう。容疑者本人が顔をさらさないことを欲しているのだろうか。それとも警察の気づかいか。

 あのような簡単な方法で姿を隠すと云うのは、犯罪者といえどなんか必要以上に人間性を貶めているような気がして、非常に不愉快で仕方がない。もしかすると警察も意図的にそういう演出をしているのかもしれない。非常に嫌らしい。そして、手に填められた手錠を隠すのもイヤだ。なんで見せてはならないのだろう。企業秘密でもあるのか。

 犯罪者の顔を隠すというと、松本清張の映像化された『天城越え』が印象深い。和田勉版の大谷直子だったか、映画版の田中裕子だったかはっきりは覚えていないが、少年の代わりに罪を負った娼婦が連行される時に笠を被らせていたのが忘れられない。ちなみに和田勉のNHKドラマ版と三村晴彦の映画版のどちらがよかったかというと、当然のように和田版である。

|

« 映画のモノラル音声 | トップページ | 風邪(BlogPet) »

報道」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/10407762

この記事へのトラックバック一覧です: 連行される容疑者:

« 映画のモノラル音声 | トップページ | 風邪(BlogPet) »