« イッセー尾形の一人芝居 | トップページ | 日曜の夕方の楽しみ »

2006.05.20

MSG.ポケットポケット & cyproduct.ヌメ革コインパース

 革製品がふたつ到着。これらは先月の24日に注文したものなのだが、注文を受けてから作るという受注生産品でサイトでは30日ほどかかるとあったが、3週間で届けられた。

 ひとつめは「ポケットポケット」というもの。ポケットに入れて使う収納小物。形がポケットの形していて、カッターシャツやスラックスのポケットに入れて用いる。ペンを差す部分とカードのちょうど入るサイズの部分に仕切られている。

 勤務時間中はペン差しがメインな用途になり、それ以外の時間は免許証を含むカード入れになりそうだ。今使っているカードケースは、免許証から始まってクレジットカード等厚さが3cmくらいになってしまってて、うんざり気味。Maxでこれだけは必要なのだが、軽く買い物に行く場合とかは数枚のカードがあれば十分である。

 厚さ2mmヌメ革でかなり丈夫な感じ。ペンを一本差すのもまだきつい状態だがそのうち馴染んでくると思う。白ヌメ(とは言え多少の着色はしていそう)なのでエイジングが楽しめそうな小物でもある。

 もう一つはコインケース。こちらもヌメ革なのだけど、ブラウンの着色。ポケットポケットに比べるとかなり柔らかめになったものを使っている。厚さは1mm。

 普段、お札はカードケースにマネークリップを使って挟み込み、小銭はそのままポケットに入れるというスタイルだった。基本的に財布というものは持っていなかった。小銭を裸で入れているものだから、パンツを履き替える時なんぞ、よく床にバラ撒いていた。まぁ、なくても十分に問題はない代物なのだけど、革物を楽しんでみたいということで、これを買ってみた。

 以前、蹄鉄型のコインケースを使っていた。蹄鉄型といっても平べったい奴でなくって、ドーム型をした奴。ポケットに入れると嵩張るし、さらに厄介なのは空間が思い切り準備されているので小銭が動き回って音がするのだ。1年も使わずに机の隅に追いやられることになってしまった。今回のものは上からそのまま押さえつけるタイプなので、そういった不都合はない。

 いろんな通販サイトを見ていて、この手のボックスタイプのコインケースはいくつかあったのだけど、収納の内側まで革張りしているのはなかった。作りが非常に丁寧である。また、折り畳んだお札を収納できるベルトがあるもの好ましい。

 たた問題がひとつだけある。左右からの被せによって、コインが固定されるのだが、被せ自体が閉じた状態で数mmの隙間があるのである。一番いいのは左右の被せが閉じた段階で重なり合うのが一番いいのだろうけど、そうすると左右のいずれかを先に下ろして他方を持ってくるというような構造にしないと綺麗に収納できない。メガネのツルと同じような現象が生じるのだが、そういうことを意識しながらケースを使うのは実際不可能である。従って、幾らかの隙間を作ることを許したのだろうけど、小銭の収納量が数枚程度だと押さえる力が弱く、この隙間から外に滑り落ちてしまうことがある。これは物理的な問題なのでやむを得ないだろう。それに増して、使い込むことによる変化、エイジングの楽しみがこの製品にはある。

|

« イッセー尾形の一人芝居 | トップページ | 日曜の夕方の楽しみ »

通販」カテゴリの記事

革製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/10164998

この記事へのトラックバック一覧です: MSG.ポケットポケット & cyproduct.ヌメ革コインパース:

« イッセー尾形の一人芝居 | トップページ | 日曜の夕方の楽しみ »