« お湯拭き | トップページ | cyproduct『ぬめ革パームレスト』 »

2006.05.05

事前メンテナンス終了/BREE Elch

 今日もBREE ブリーのヌメ革ブリーフケースElch エルクネタ。正直、あたしも飽きかけてくている。

 ここ数日と同じく朝7時前に起床し、鞄をベランダに吊るして干す。今日は鞄の取手のあるトップや底のような焼けていない部分を重点的に焼く段取りにしていた。立体的な凹凸の多いこの鞄を満遍なく焼くというのはほとんど不可能で、随分とまだらになっている。もう使っているうちに整うのを期待するしかない。ベランダの防護壁の上に渡されている手摺りパイプの下に鞄を潜らせて焼いていたのだけども、2時間後に見ると鞄の背の部分にしっかりパイプの跡が白く残ってしまっていた。かなり目につく。慌てて置く位置を変えて焼き直す。

 直射日光の当たらなくなる午後4時位まで焼いてから、昨日に引き続きもう一度お湯拭きをすることにする。今日で日光浴等の事前メンテナンスは終了にして、週明けからは普通に使う予定でいるので、最後のまとまったお湯拭きをしておこうと思ったのだ。実際にお湯を掛けると、昨日、ラナパーを塗りたくった所為か、水を弾く。濡らしたタオルをしぶとく数十秒押しつけると水を吸い込んでくれるところももちろんあるが、中にはシャワーを1分くらい当て続けてもダメな箇所もあった。こうなると撥水どころの話ではない。かなりの防水も期待できる。ただし、縫い目や金具の取付箇所については意図的にクリームを擦り込んでおかないと、ここから水が吸い込まれてしまう。風呂場で鞄を膝の上に抱いて30分ばかりの作業。子供の面倒を見ているようだ。お湯拭きを考えている時はクリームを絶対に塗らないこと。塗っていると本当に苦労する。

 お湯拭きが乾いてから再びラナパーを塗る。いろんなことをしたので、すっかり鞄が汚れたりしみになったりしている。まだ手にして1週間しか経っていないのに。まぁ、当初の真っ白な状態からすっかり赤みのあるキャメル色になって、持ち歩いても恥ずかしくないくらいになったのでいいとしよう。使う前に手垢にまみれてしまった鞄。あたしの結婚生活のようで、やはり少しは不憫でもある。

|

« お湯拭き | トップページ | cyproduct『ぬめ革パームレスト』 »

革製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/9919267

この記事へのトラックバック一覧です: 事前メンテナンス終了/BREE Elch:

« お湯拭き | トップページ | cyproduct『ぬめ革パームレスト』 »