« 紀里谷和明『CASSHERN』(04) | トップページ | 40,000番目のお客様は... »

2006.02.13

大貫妙子『CLASSICS(クラシックス)』(84)

 大貫妙子初のベストアルバム。3rdアルバム『MIGNONNE(ミニヨン)』(78)から7thアルバム『SIGNIFIE(シニフィエ)』(83)までの5枚のアルバムから大貫自らが12曲を選曲したもの。

CLASSICS
CLASSICS

大貫妙子

 16、7年前にレコードレンタルしてテープにコピーしたものは、ずーっと車でのBGMになっていた。去年あたりから車のカセットデッキの調子が悪くなって聴かなく(聴けなく)なったが、それまでの10年近く、これともう数本だけを繰り返し聴いていた。

 今回、アルバムを手にして、あらためて歌詞カードを見たのだけど、歌詞に思い当たりが全くないのだ。言葉も思い当たらないし、だから当然、その歌詞が乗っている曲というもの思い浮かばない。車の中で10年みっちり、それ以前にも数年間に渡って聴いているアルバムなのだが、歌詞が完全に飛んでいる。

 この人の曲って、歌詞を歌詞として聴いていないことになる。唄も音楽の一部として感覚だけで捉え、言葉の意味を理解しようとか全くしていないらしい。非常に変っている。おそらくそれほどまでに彼女の歌声はそれだけで気持ちいいのだ。大貫妙子=ヨーロッパ、なんてことを云う人もいるけど、そんなことを意識したことはない。とにかく車でのBGMとしては最高の1枚。12曲中、9曲が坂本龍一編曲。それを意識しながら聴くとちょっと気持ち悪いかもしれない。

 ヤフオクでアナログ盤を700円(+送料390円)で落札。ジャケットが金紙。随分とド派手であります。

|

« 紀里谷和明『CASSHERN』(04) | トップページ | 40,000番目のお客様は... »

アナログ盤」カテゴリの記事

オークション」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/8644320

この記事へのトラックバック一覧です: 大貫妙子『CLASSICS(クラシックス)』(84):

« 紀里谷和明『CASSHERN』(04) | トップページ | 40,000番目のお客様は... »