« 恵方巻 | トップページ | 細野晴臣『ナムコ・ビデオ・ゲーム・ミュージック』(84) »

2006.02.04

細野晴臣『三国志』(82)

 20数年目にしてやっと聴く(手に入れる)ことの出来た曲(レコード)。A面は『三国志 メイン・テーマ(インストゥルメンタル)』(作曲・編曲・演奏:細野晴臣)、B面は『三国志 ラヴ・テーマ(ヴォーカル・ヴァージョン)』(作詞・作曲・編曲:細野晴臣、唄:小池玉緒)。

三国志 当時すでに高校生にもなっており、そして若手芸人の島田紳助・松本竜介による狂言回しも下品に思え、番組自体は最初の数回しか見ていなかったが、細野晴臣によるテーマ曲は当然申し分なかった。

 このEP盤によるリリースを見逃した(見送った?)後、いくらこの曲を入手しようとしてもできなかった。何度かアルバムに含められたこともあったようだが、あの頃はネットもないため、情報収集が難しく、結局それらを知ることはなかった。ネット時代になって本当に御の字だ。今回のオークションでの落札では本体1500円、送料160円という定価700円に対してプレミアもつき、定価の倍以上の支出となったが、その価値は十分にあると思っている。

 それにしても細野晴臣はいい。YMOというグループは坂本龍一という世界的な作曲家を輩出することになったが、それでもあのメンバーの中ではいちばん細野晴臣が好きだったりする。坂本は確かに耳に聴こえのいい曲を多く作っているが、細野の土着的な曲は心底、心を打ち、忘れることはできない。あたしはおそらく坂本より細野を高く評価する。

 20年ぶりに聴いた『三国志』にあたしは涙してしまった。例えではなく、本当に。それほどにこの曲は名曲だった。

 CDを含めて、ほとんどが廃盤状態で『三国志 メイン・テーマ』を聴くことは難しくなっているが、小池玉緒のボーカルによる『三国志 ラヴ・テーマ』は『イエローマジック歌謡曲』にも収録されており、これは現在も流通しているようだ。

イエローマジック歌謡曲
イエローマジック歌謡曲

|

« 恵方巻 | トップページ | 細野晴臣『ナムコ・ビデオ・ゲーム・ミュージック』(84) »

アナログ盤」カテゴリの記事

オークション」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

「まるで手書き」でぐぐってたどりつきました。
「おれんじ2」は高くて見送ったんですが、こんなに安くなってるとは。
家でDLして遊んでみようと思います。

ところで。イエローマジック歌謡曲。
懐かしい曲ばっかりですね。欲しくなりました。でも新品である必要はないのでオクを見たら。
強気の価格設定3点のみ。そんなんじゃ売れませんて。ヲチ入れて下がるの待とうと思います。

ところでO-Maruさん。
同じ世代のかほりがすると思ったら。野口聡一と生年月日が一緒ですか。ニヤニヤ。

投稿: zero-52 | 2006.02.08 14:42

「まるで手書き」なんですが、普通に変換したんでは、やっぱり使う気しませんよ。全然似ているとは思えないですもん。すべて手書きして、リアル手書きフォントを作ってみてようやく価値が出そうなんですが、思うだけで... ということで、すぐに飽きてしまうと思いますんで、ご注意をというか、ご覚悟を。

イエローマジック歌謡曲は、オクよりもマーケットプレイスの方がいいかもしれないですよ。現行品はあそこは結構味しいですから。

zero-52さんとは、年代的には一緒ですね。 zero-52 さんが早生まれなら、同学年。そうでなければあたしの方が一年上ですね。共通するような話題も出ると思います。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: O-Maru | 2006.02.09 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/8499202

この記事へのトラックバック一覧です: 細野晴臣『三国志』(82):

« 恵方巻 | トップページ | 細野晴臣『ナムコ・ビデオ・ゲーム・ミュージック』(84) »