« メガネケース&名刺カードケース | トップページ | 週明け »

2006.02.19

巻上公一『民族の祭典』(82)

民族の祭典 『民族の祭典』というと普通はナチスのプロパガンダに荷担したとして(実際はそんなことないんだけどね)悪名高いレニ・リーフェンシュタールによる36年のベルリンオリンピックの記録映画ということになるのだけども、巻上公一も82年に同タイトルでソロアルバムを発表していた。この度、初めて聴いたのだが、これまで聴かずに過ごしてきたことは全くの不覚である。いやぁ、あらためて巻上の凄さを認識した。

 帯にあるコピーが「聴く奴の偏差値が暴かれる!とはいうものの・・・・・・若者達の心に滲みる名曲の数々。」 ん~、このアルバムを聴いてつまんないとか判らないという奴がいるんだろうか? 甚だ疑問である。それにしても選択された曲がすばらしい。

 森の小人
 国境の町
 桑港(サンフランシスコ)のチャイナ街(タウン)
 アルタネイティヴ・サン
 私の青空
 イヨマンテ(熊祭)の夜
 おおブレネリ
 マヴォの歌
 赤い靴
 不滅のスタイル

最終曲のみオリジナルで他は、お馴染?のもの。大正時代に流行ったダダイズム活動に基づく「マヴォの歌」については、しばらく前に探偵ナイトスクープでも取り上げられて知っていたのだが、ただでさえ???なのが巻上の唄になるとさらに何とも云えぬものになってしまう。(マヴォについてはこちらを参照のこと)

 巻上の唄も素晴らしいが、このアルバムに参加しているゲストメンバーも凄い。ヒカシューはもちろん、他にも立花ハジメ、ゲルニカの戸川純・上野耕路、チャクラの板倉文明といった具合である。日本のアングラ・テクノポッパー達が一同に会したという趣だ。面白くないはずがない。「おおブレネリ」に至っては純ちゃんの歌声も聴くことができる。

 こういう名盤も今では廃盤。冗談のような話である。

 同時に落札したのは、ヒカシューによるEP『白いハイウェイ』(79)、12inchシングル『日本の笑顔』(84)、『水に流して』(84)、『人間の顔』(88)の計5枚で3000円(+送料450円)。

白いハイウェイ/プヨプヨ(79)
白いハイウェイ/プヨプヨ(79)

(ジャケットを拡大表示)


日本の笑顔(84)
日本の笑顔(84)

(ジャケットを拡大表示)


水に流して(84)
水に流して(84)

(ジャケットを拡大表示)


人間の顔(88)
人間の顔(88)

(ジャケットを拡大表示)

|

« メガネケース&名刺カードケース | トップページ | 週明け »

アナログ盤」カテゴリの記事

オークション」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

「水に流して」のジャケ画像、頂戴しました。
「日本の笑顔」と2枚組で、紙ジャケのリマスター盤が出たのです。
さっそく購入、iTunesに取り込むのに際し、画像を探していてこちらにおじゃまいたしました。
元ヒカシューファンクラブ会員です。失礼しました。

投稿: みそん | 2008.08.19 21:44

初めまして。
こんな写真でよければご自由にお使いください。
単発的なリマスターですか。
BOXを出すとか出さないとか、そんな話もあったようですが、
完全に立ち消えになってしまってるんですねぇ。

投稿: O-Maru | 2008.08.20 00:13

はじめまして。ひとつ質問があるのですがヒカシューの85年のアルバム「はなうたはじめ」はアナログでのリリースはあったのでしょうか?調べてもわからなかったので・・・。

投稿: | 2008.09.20 21:00

こんにちは。
ヒカシューの公式サイトHIKASHU OFFICIAL SITE<ヒカシューの30年>ということで歴史が記されているんですが、「はなうたはじめ」は91年、発リリースのようです。
http://www.makigami.com/HIKASU.htmlでは、96年までのヒカシューのディスコグラフィーが紹介されていて、88年の「人間の顔」以降のリリースはすべてCDになっているようです。

投稿: O-Maru | 2008.09.20 22:31

“イヨマンテの夜”はこのアルバムで知りました。
飲み会のカラオケでは結構重宝する歌です。
腹の底から声を出して、朗々と歌い上げる快感が
この歌にはありますね。

投稿: REV3 | 2011.01.17 21:49

“イヨマンテの夜”をカラオケでやるんですか?
なんだそれは、という感じになるでしょうね。

オリジナルは1950.2(昭和25)レコード発売とのこと。
どんな雰囲気なんでしょう。

ちなみにあたしの十八番は"銭形平次"であります。

投稿: O-Maru | 2011.01.18 19:00

自分以外に知ってる人間が1人でも
いればOKです。

ただし、現代人にとって内容はある
意味空疎であり、その歌唱によって
のみ賛同を得るしかないので真剣に
本気で歌い上げなきゃいけません。

高~低音で非常に幅の広い歌なので
腹式呼吸と発声は必須ですね。

あと、俵星玄蕃も好きで何度か挑み
ましたが、こちらはチト難しいw

私は三波春夫氏も本気で好きです。
http://www.youtube.com/watch?v=vmrFoOMnV5E

投稿: REV3 | 2011.01.18 20:55

映像を見ました。
三波春夫の唄は難しいでしょ。
高くて絞った感じの声でないと腑抜けになってしまいそう。
あらためて聴くと凄い歌手でありますね。

投稿: O-Maru | 2011.01.19 22:17

一番難しいのは無音階的な節回しだと思ってます。
単純に音を引っ張っているようで、そうではない。

素人にはとても真似の出来ない技。

そもそも芸能というものは、そういう物ですよね。

投稿: REV3 | 2011.01.19 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/8740637

この記事へのトラックバック一覧です: 巻上公一『民族の祭典』(82):

« メガネケース&名刺カードケース | トップページ | 週明け »