« 音楽ソフト | トップページ | TV関係のアナログ盤 »

2006.01.27

日本そば

 麺類は基本的に好きで、食うものがこれしかなくてもおそらく文句は言わないと思う。この麺類にはパスタも入るが、きしめんは入らない。きしめんのうどんともそうめんともつかない、あの中途半端な形状がどうしても生理的にダメなのである。

 日本そばの本場は関東なのかしらん。立食いそばというイメージが強い。当地はうどん屋とラーメン屋が半々くらい。そば屋はとても弱い。あまり食べる機会はないのだけど、そばは好きである。うどん、ラーメンより好きである。それにしても、どこがいいのだろう。麺の太さ加減? 腰のなさ具合? なんとも云えぬ麺の落着きがあり、それがあたしの好みなのである。

 以前、有機農業しているところが収穫祭をして、そこで蕎麦粉100%のそばをつくろうとしたのだけど、維ぎがないためぼろぼろで麺という状態ではなかった。四国のヘソの祖谷のお店でも100%というのを食ったけど、これも麺ではなかったなぁ。黒い太ミミズを食っているという感じ。あまり100%にこだわるは意味がなさそうだ。

 実をいうと職場の食堂のそばが旨い。普通のそばではなくって、ちょっと変わった注文の仕方をする。メニューとして他に当然のように肉うどんがあるんだが、これをうどんの代りにそばを入れる肉そばとして特別注文するのである。肉うどんのやや甘い汁に天かすを山ほどかけ、小山が出来るくらいに七味をふりかける。油ギッシュな肉そば。しかも麺が2玉入っている大盛り。400円ちょっとかかるが、残業時のたまに、自分のご褒美としてこれを食す。しばしの幸せである。ただ、七味が利きすぎて真冬でも、その後の小一時間は汗が止まらない。夏はちょっとした拷問になるかもしれない。それでも、止めることはできない。

 ということで、今日は夜のお供のために、ダイソーで乾燥日本そばを何袋か買ってきた。しばらくはこれで持つだろう。

|

« 音楽ソフト | トップページ | TV関係のアナログ盤 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

そういえば、二八蕎麦とか言いますよね。
小麦粉が多すぎるとうどんもどきで蕎麦じゃないしということで、この割合が絶妙なのかも。。。

投稿: こに | 2006.01.29 18:07

 確かに二八蕎麦っていいますね。
 ちょっと由来を調べてみると蕎麦が安く16文だったので、2*8の二八蕎麦と呼んだ、とか、こにさんのおっしゃる小麦粉2割・蕎麦粉8割もあるようです。温かい掛け蕎麦で切れなくするために4・6とかにする場合もあるようで。あまり白い蕎麦や妙にモチモチした蕎麦がよくあるんで、蕎麦がいかに難しいかを感じます。

投稿: O-Maru | 2006.01.29 20:32

16文は、落語「時蕎麦」の中にも出てきますね。オチに至る重要な要素です。
「2割8割」も説の1つだと思います。

投稿: ひざがわり | 2006.01.29 22:28

 九九というのはかなり昔から使われていたということですね。
 二八蕎麦以外にも四六時中といういい方があるんですが、これは4*6=24ということで、一日中という意味になります。もっとも昔は12刻を使っていたんで、二六時中と言っていたそうですが。単純に46時間とか26時間で考えていたんじゃ訳わかりませんね。

投稿: O-Maru | 2006.01.29 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/8369500

この記事へのトラックバック一覧です: 日本そば:

« 音楽ソフト | トップページ | TV関係のアナログ盤 »