« 懐かしの80年代前半 | トップページ | Interior『Interior(インテリア)』(82)/Interiors『DESIGN(デザイン)』(87) »

2006.01.20

閉塞の時代

 仕事の帰りに役場のエレベータに乗っていたら、50半ばのそこそこの役職についていそうな人が「風雲児だったのにねぇ。ああいうのを潰すって日本はまだまだダメだねぇ」なんてことを言っていた。思わず背筋が凍る。

 やはり閉塞感が漂っているんだな。コイズミがどんなおかしなことをしようとしても、それが改革と呼ぶだけで、何とはなく受け入れられてしまうような時世。

 閉塞感が漂っているなか、トリックスターの出現にはまだまだ要注意。

|

« 懐かしの80年代前半 | トップページ | Interior『Interior(インテリア)』(82)/Interiors『DESIGN(デザイン)』(87) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閉塞の時代:

« 懐かしの80年代前半 | トップページ | Interior『Interior(インテリア)』(82)/Interiors『DESIGN(デザイン)』(87) »