« Interior『Interior(インテリア)』(82)/Interiors『DESIGN(デザイン)』(87) | トップページ | モラル・ハザード »

2006.01.22

課長の手打ちうどん振る舞い

 昨日、役場のスポーツ競技レクリエーション大会の後に課長が手打ちうどんを振る舞ってくれるというので、競技大会には参加しないものの、公民館でのうどん振る舞いにはお呼ばれしてみた。

 夕刻、会場の公民館に行くとすでにうどん粉が煉られた後で、若手職員が踏み固めていると状態だった。手打ちうどんの作成の一部始終が見られなくて残念だった。とにかく小型の手動うどん延ばし器とかも準備されていて、課長が常時、本格的に作っているというのがうかがわれた。

 打ち上がってすぐのかけうどんは腰があって本当に旨かった。当地は香川にも近く比較的うどんの旨い土地ではあるんだけども、そのあたりのうどん屋で食べるのなら遥かに味しい。かけうどんの他にも豚鍋を作っていて、そこにうどんを入れて食ったりもしたのだけど、そこそこの時間煮ても腰がある分崩れることがなく、味が染み込んでこれもなかなか旨い。

加ト吉の肉うどん 手打ちうどんを食って思ったのだけど、やはり加ト吉のうどんは旨い。うどんの名産地からの製品ではあるのだけども、冷凍商品であの品質を保つのはやはり驚きである。課長の打ったばかりのうどんと加ト吉のうどんのどちらがいいかというと、正直、甲乙つけがたいほどである。それほど加ト吉のうどんは優れている。(写真は加ト吉の肉うどん)

 課員の1/4の10人弱が集まっての振る舞いだったのだが、課長、とにかくずーっと台所に籠ってて裏方に徹している。随分まめな人で今までにないような上司。こういうもの有り難い。

|

« Interior『Interior(インテリア)』(82)/Interiors『DESIGN(デザイン)』(87) | トップページ | モラル・ハザード »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/8278419

この記事へのトラックバック一覧です: 課長の手打ちうどん振る舞い:

« Interior『Interior(インテリア)』(82)/Interiors『DESIGN(デザイン)』(87) | トップページ | モラル・ハザード »