« デジタルアトラス | トップページ | 30,000番目のお客様は... »

2005.12.12

古本屋の流儀

 昨日、古書店に注文をかけたのだけど、メール連絡があって、在庫ありますということだった。物が着いたらまた報告します。

 それにしても古書店のやり方というのは、通常のネット通販とやり方が違うので戸惑ってしまう。ネットで販売書籍の一覧を出していて、それを見て注文するのだけど、多くの書店が在庫があれば即発送処理に入る。こちらとしては、送料とかの確認をしたい場合もあったりするのだが、お構いなしに、今日発送するので同封の郵便振替用紙で振り込んでくれというような塩梅だ。すぐさま、ストップのメールを送るというのもありかもしれないが、面倒なのでそのまま購入している。

 しかも1万円未満の取り引きなら初めての場合でもたいていが後払い。オークションであるとか大手ネット通販会社なら、前払かカード支払いが普通なので勘が狂ってしまう。後払いは手続きの面倒さで、支払いを送らせてしまいそうで非常に怖い。そういう意味ではトラブルに巻き込まれると損をすることになるのだが、前払いの方が気分が楽だったりする。

 とは言え、信用ありきの後払いは、この世知辛い世の中、なんだかほっとするものであったりもする。古本屋の流儀というより、これが昔からの日本のやり方なんだろうなぁ。

|

« デジタルアトラス | トップページ | 30,000番目のお客様は... »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

通販」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/7587914

この記事へのトラックバック一覧です: 古本屋の流儀:

« デジタルアトラス | トップページ | 30,000番目のお客様は... »