« 市内電車の事故 | トップページ | ある若い衆の言葉 »

2005.12.14

作業服の謎

 寒くなって久しい。すでに毎日、作業服の上着を着っぱなしの状態。事務服が廃止になったので作業服の支給は、本当に有り難い。

 着ている作業服はとにかくポケットばかり。両胸に大きなボタンカバータイプのポケットがあって、左胸にはさらにその上にジッパーで閉じられるポケットがある。そして、普通に手をつっこめるようなポケット。左の二の腕にはボタンカバーの小さなポケットとペン差しポケット。女性が男性服を見て一番羨ましがるのは、このポケットについてだ。ズボンについても、いくつかポケットがついていなければ穿けたものではないと思うのだが、女性のスカートにはポケットがない場合が多く、大変だろうと思う。ま、確かにポケットがあってポケットの膨らんでいるようなスカートは見た目にいいとは感じないのだが、ハンカチくらいは携えておきたいだろうと思う。

 そんなポケットばかりの作業服なのだが、勘の狂うことがひとつあって、内ポケットがないのだ。ジャケットの内ポケットというのはシャツの胸ポケットより使う頻度が高いような気がする。容量があって、さらに深さがあるというのが安心で、特に大切なものは無意識のうちに内ポケットに突っ込んでいることが多い。内ポケットがない作業服を着ていて、無意識のうち、無い内ポケットを探っていることが日に何度かある。

 当たり前のようについている男性用の上着の内ポケットが存在しないのは、これも安全の為なんだろうか。夏服はまだ袖を通していないが、通常、金属製のファスナーやボタンがすべてプラスチック製。これも凄い。技術屋の世界は謎ばかりである。

|

« 市内電車の事故 | トップページ | ある若い衆の言葉 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/7609522

この記事へのトラックバック一覧です: 作業服の謎:

« 市内電車の事故 | トップページ | ある若い衆の言葉 »