« 有明公園 | トップページ | 散髪 »

2005.10.09

Lapita限定・万年筆『ミニ檸檬』

 最近、万年筆づいているが、今日も新しく一本入手してしまう。

 1999年(平成11年)、丸善が創業130周年を記念し、丸善京都店を舞台にした梶井基次郎の名著『檸檬』にちなんで限定発売。たちまち完売した幻の逸品万年筆『檸檬』。
 今回、Lapitaでは、丸善とコラボレートして、その万年筆を85%縮小させて新たに製作。『ミニ檸檬』という名で復活させました。

 Lapita(ラピタ)という雑誌の企画もので、11/6発売Lapita(ラピタ)11月号、付録付き特別価格980円に「万年筆、付いてます。」ということで、もれなく『ミニ檸檬』がついてくる。この雑誌の通常価格が680円なので、この『ミニ檸檬』は300円相当ということになる。

 ペンの色が明度の高い黄色なので、材質がプラスチックなのかと思ったのだが、金属ボディ(真鍮)を黄色で塗装しているようだ。さらにキャップのトップの黒い箇所はスチールの固まりにして重みを稼ぎ、全体の重さは28gにもなる。モンブランのノブレスが25g、またパイロットのミューレックスが21gだから、これらより3cmほど短い小振りなペンの割には随分と重量があるということになる。(てこの原理からすると、短い方が重量がないと使用中に重量感がでない、という理由からか?)

 ペン先は一見金のようにみえるけども、価格からしても、もちろん金メッキ。LEMONという文字とLapitaのロゴらしきもので装飾されている。太さはM(中字)で、残念ながら仕事等で使うのにはやや太いという気がする。しかし価格の割にはペンの滑りはよく、ペンの重量感も安定した書き味をもたらせてくれ、申し分ない。インクカートリッジはヨーロッパタイプのハーフサイズのものが使用でき、あたしはモンブランのブルーブラックを入れている。

 別に新しくペンを入手するつもりはなかったのだけど、ステーショナリ好きをそそるものらしく、ブログでも随分と取り上げられ、ついつい購入してしまった。雑誌自体はいわゆるトレンドカタログ雑誌といった内容の薄っぺらなもので、おそらくまったく読まず終いになると思う。購入に際して、予約したり、5、6冊の大人買いした人もいるようだ。すでに品薄になっているところもあるようだが、今日、地元の本屋に行くと10冊くらい積まれていた。あまり使わないということが明らかな場合は、手を出さないんだけど、今回はやられてしまいました。


<ミニ檸檬>に関するアンケートを「ミニ檸檬購入に関するアンケート」「誰もが知りたい<ミニ檸檬>についてのアンケート」で行っていますので、ぜひご覧ください。

<ミニ檸檬関連記事> 「皆が言うから... ミニ檸檬」 「ミニ檸檬の価値」

|

« 有明公園 | トップページ | 散髪 »

ステーショナリー」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、TBありがとうございました。
万年筆をはじめ多趣味で、いろいろとお詳しいご様子ですね。
>HERGEST RIDGE
今日クルマ中で聴いていました。(笑)
わたし、マイクの大ファンです。
ただ情報に疎く、ニューアルバムは出たのかな?
(と、今アマゾンを確認したら)
なんと近日発売、予約可ですね!
これ書いたらさっそく予約します!!
(嗚呼、ヨカッタ♪)

と支離滅裂なコメントとなりました。(汗)
今後も宜しくお願いいたします。m(_ _)m

投稿: ブンキチ | 2005.10.09 21:26

普段のラピタはもう少し深く趣味に走ってくれるんですけどね
今回は大きな付録があるからこそ、ラピタを自己紹介しようとして
すべての記事が広く浅くなってしまった感じがあります
どうせなら万年筆特集かなにかに特化すれば良かったのにね
トラバありがとうございました

投稿: 章仁 | 2005.10.09 22:41

二筋縄さん☆トラバありがとうございます。
わたしも雑誌の方は殆ど読まずじまいです。(^^ゞ
それにしても、檸檬色のペンがこんなに可愛いなんて今まで考えたこともありませんでした。
こういう企画を他でももっとやってくれると嬉しいんだけどなぁ。

投稿: Roko | 2005.10.09 22:52

はじめまして!
TBありがとうございました。
ミニ檸檬、なかなかのモノですよね。
Lapitaは立ち読み専門なのですが
こういう「おまけ」は大歓迎ですね。
ボクは2冊も買いました^^;;

投稿: tigpan | 2005.10.09 23:00

TBありがとうございました。
とりあえず、1冊買って実物を試してみて・・・ナカナカ良い感じでしたので、明日もう1冊買いに行こうかと思います。(笑)

投稿: desakids | 2005.10.10 00:10

>> ブンキチさん
マイクファンなんですね!
マイクファン歴は長いのですが「遙かなる地球の歌」で個人的にはコケてしまって、それ以来新譜には手を出さず、古いものを聴きまくってます。
今度の新譜はukサイトですか? よろしければURLを教えてくださいませんか。すでに古いのですが「ギターズ」を聞いてみたくなって、近々注文予定です。

>>章仁さん
普段、Lapotaは買わないもので、こんなものかという印象を持ってしまいました。
まったく知らない分野でも面白く解き明かしてくれれば、それなりに興味を惹かれるもんなんですけど、編集方針を誤ったんでしょうね。
来月号、もう一度立ち読みしてみます。

>>Rokoさん
ターゲットになっている年代ですが、今号はどうもダメでした。次号に期待します>本文
檸檬色ですが、はじめはもう少し山吹色寄りの方がよいのではないかとかと思ったりもしたんですが、見慣れると爽やかな感じで良いですよね。机の片隅にでもいいから、あると、ほっとするような感じですね。
ステーショナリはもともと中性的なんですが、実用本位となるとやはりどうしても男性的になるんでしょうかねぇ。

>>tigpanさん
tigpanさんも2冊買いですよね。そういう発言をしこたま目にするから、どんどん傾いてしまいます。困ります。本当に困ります。

投稿: O-Maru | 2005.10.10 00:29

>>desakidsさん
やっぱりあたしもその道を辿らないといけないんでしょうねぇ...(トホホ

投稿: O-Maru | 2005.10.10 00:31

O-maruさん、TBありがとうございます。

オマケとは思えぬものを付けたラピタですが、雑誌本体はちょっとどうかと思う内容。
万年筆が表紙なのに、特集が外車っちゅう編集センスが理解できません。

だからこそ、思い切ったオマケだったのではと邪推してしまいます。

投稿: temomi-ken | 2005.10.10 00:58

さっそくマイク情報です。(^^)

新作のタイトルは「Light+Shade」。
Amazonのキーワード検索でヒットします。
ご存じ、はせがわさんのサイトでは
http://www.246.ne.jp/~hasegawa/mike/oldfield.htm
早くもレビューしていましたが、小品ばかりの2枚組のようです。
昨日、さっそく予約いたしましたよ!

>「遙かなる..」
じつはとてもお気に入りです。マイクのベストスリーにはいるかも♪(^^)v
たしかにファンの間では少々不評ですよね。
逆に大好評の「オマドーン」はなぜかあまり聴きません。(ーー;)
ちなみにわたしは「アイランズ」からリアルタイムです。

基本的に音楽は毎日聴くほど好きですが、
あえて?ブログではカテゴリーをもうけておりません。
以前「ミュージカル・バトン」を振られましたので
参考に(もなりませんが 汗)貼り付けておきますね。
http://bunkichisan.livedoor.biz/archives/25554690.html
(もちろんマイクも入ってます!)

ひさびさにマイクの話題でチカラが入ってしまいました。(笑)
それでは~(^ー^)ノ~~

投稿: ブンキチ | 2005.10.10 12:28

>>temomi-kenさん
おまけで購入者を釣るというのはごく普通で、本体企画と連動するというのはかなりお上品であるということがよく判りました。もっとも、4回連続でこのペンのプロジェクトについて掲載していたとのこと。前振りが大きすぎたのもしれないですね。

>>ブンキチさん
情報ありがとうございました。マイクは一時期、ネット配信しかしないとかいっていたと思うんですが、常に情報収集していないと取り残されてしまいますねぇ。
リアルタイムはアマロックあたりからで、ちょっとあたしの方が遅いですね。もちろん、チューベラベルズはエクソシスト絡みで昔から知ってはいましたけど。
MusicalBatonにイーノのMusic for Airportsが入ってますね。なるほどなるほど。これも好きですがAPOLLOの方が聴き易くてよく流しています。
こういった趣味というのは巷ではマイナーなんでしょうねぇ。

投稿: O-Maru | 2005.10.10 18:53

TB有り難うございました。
ミニ檸檬、中々気に入っています。これを機に、眠っていたモンブランにもインクを入れてみようかと思います。
今日書店に行った所、ラピタ、まだ5冊ほどありました。もう1本(1冊)買おうかと思案中です!

投稿: 迷走B | 2005.10.10 21:11

はじめまして!luckymarimoと申します。
トラックバックありがとうございました。

このミニ檸檬は、まだ1本しかインクを入れてなくて、
もう1本は箱のまま。
たぶん、もう箱入りのは開けない気がします・・・(笑)
またお邪魔しますね~

投稿: luckymarimo | 2005.10.10 21:19

トラバありがとうございました。
昨日私が買い占めた(?)書店に行ってみたら
Lapitaがまた山積みになってました・・・。
き・希少価値が・・・。
うまく乗せられてしまったかもしれませんね(笑)。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: WAKI | 2005.10.10 22:48

>>迷走B さん
ぜひインクを入れて使ってやってください。道具は使ってこそのものですから。
あたしもついつい追加買いしてしまいました。

>>luckymarimoさん
あたしも買い増ししたヤツは未開封です。1本目が壊れでもした時に開けようかと思うのですが、いつになるやら...
適当に誰か(子供とか)にあげてしまうかもしれませんね。

>>WAKI さん
12万個作っているという話ですから、希少価値はどうなのか... 希少価値を言うなら店頭から消えてすぐくらいのうちにとっととオクに出して、売りぬけるのが一番よさそうな気がします(笑) WAKIさんとは同じ市内に住んでいるようですので、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: O-Maru | 2005.10.11 00:29

トラックバックというものを初めてしていただいたのでちょっと感激。
「雑誌に万年筆ついてます」というより「万年筆に雑誌ついてます」という感覚で買ってしまいました。ぬらぬらと気持よくインクが出るので,試験の採点にでも使ってみたいなと思ってます。早く試験シーズンにならないかな。

投稿: わたやん | 2005.10.11 16:31

遅くなりましたがTBありがとうございます。
O-Maruさんのおっしゃるように意外な重さがこの万年筆が割りと書きやすい、
という評価に繋がっているような気がします。
私の1号機はインクの出が悪く、まだ箱入り状態の2号機、3号機が思いやられます。

投稿: アルマーニ | 2005.10.11 16:41

はじめまして。TBありがとうございます。
万年筆のことは詳しくないのに、ミニ檸檬に一目惚れして入手しました。
この1本を手始めに、万年筆ワールド(笑)に惹きこまれてしまいそうな予感がします。

投稿: ゆな | 2005.10.11 16:49

>>わたやんさん
わたやんさんはセンセさんでしたか。どもどもお疲れ様です。太さといい、確かに採点用にはいいかもしれませんね。4ヶ月、5ヶ月先の活躍になるんですね>ミニ檸檬

>>アルマーニさん
オリジナルの檸檬より重たいようですので、手にした時の重量感を計算した結果のようです。インクの出が悪いとはショックですね。いろいろ触ってみて調整はできないものでしょうか。購入者の何割が複数買いしたのか気になります。誰かアンケートでもとってくれないものでしょうか。

>>ゆなさん
ペンは奥が深いので入り込まないことにしています。せいぜい、昔使っていた安物を買い直して、ペンでしこしこしてた頃を懐かしむだけであたしは十分です。

投稿: O-Maru | 2005.10.11 20:49

遅レスで恐縮ですが、TBありがとうございます。
いまだ檸檬で検索される方あとを立たず・・・
私は今日もシャツのポケットに挿して持ち歩いています。

投稿: syaopairon | 2005.10.12 09:55

>>syaopaironさん
カウンタスゴいことになってます。ここ数日は、普通の日の3~4倍になっています。
それにしても、大人って嫌ですね... みんな大人買いしちゃってる。
あたしは職場の机のうえに意味もなく転がしてます。

投稿: O-Maru | 2005.10.12 12:45

TBありがとうございました、ご挨拶が遅れて申し訳ないです…m(__)m

『ミニ檸檬』いいですよねぇ、保存用にもう1本買いましたよ(笑)
普段はパーカー45とペリカーノ・ジュニア(新バージョン4本・旧バージョン2本)、
PILOT「μ」なんかを使ってます!

これからもよろしくお願い致します!

投稿: weblog244 | 2005.10.12 16:37

トラックバックありがとうございます。すっかり遅くなってしまってすみません。

ミニ檸檬。色もサイズも可愛いですよね。今まで万年筆を持っていなかったので、ラミーとかペリカンとかすっごい欲しくなってしまいました。

これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: くしゃまろ | 2005.10.12 19:54

>>weblog244さん
随分ペンをお持ちですね。しかもμまで!
どのように使い分けられているんでしょ。物も浮気すると怒ったりするんで、あたしの場合、なかなか二股できないんです。

>>くしゃまろさん
あたしが初めて自分のものとして使ったペンは、雑誌の懸賞で当たったものでしたが、ミニ檸檬より遥かに出来の悪いものでした。
ミニ檸檬の書き味は悪くはないし、良いペンとの出合いになったんではないでしょうか。
お気に入りのペンが見つかるといいですね。

投稿: O-Maru | 2005.10.12 21:29

TBありがとうございました。
「檸檬」があるのは知っていましたが、発売時に即売と言うことであきらめていました。
たまたま丸善に行ったときに文房具のコーナーで見つけたので、買いました。
「Lapita]は少し前に新幹線の0系の世界最小自走模型を付けたこともあり、その時も買いました。ちょっと作りが甘かったのですが、最近某メーカーから製品として売り出されたそうです。「ミニ檸檬」も売れ方によっては、丸善から改良品が製品として出るかも知れませんね。

投稿: Kiyo | 2005.10.13 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/6321931

この記事へのトラックバック一覧です: Lapita限定・万年筆『ミニ檸檬』:

» ミニ檸檬 [歩くの大好き!]
小学館の「Lapita」を買ったよ。 丸善130周年を記念して限定発売された「檸檬」を85%縮小して復刻した「ミニ檸檬」が付録だったからね。 最近、万年筆を欲しいと思ってたのよ。 中学... [続きを読む]

受信: 2005.10.09 19:33

» ミニ檸檬とオリジナル檸檬の思い出 [蘇枋紅波動論blog]
 いきなり買ってしまいました、万年筆のおまけつき「Lapita」十一月号。最近万年筆関係から離れて久しかったので知らなかったのですが、「ミニ檸檬」のプロジェクトが四ヶ月にわたって連載されていたそう。くぅ、読みたかった……。なのにどうしてこの雑誌を買ったかと言う....... [続きを読む]

受信: 2005.10.09 21:21

» Mini 檸檬 (Lapita 11月号) [ついてる日記]
 表紙にも書かれているけど、今月号の Lapita には万年筆が付いてます。  これは、かつて丸善で1000本限定で販売された幻の万年筆「檸檬」を復刻した「ミニ檸檬」なんです。  ミニとはいえ、かなり重厚感があります。机の上やバッグの中で目立つところがいいですねぇ。  今は黒のインクが入ってますけど、次は違う色のインクにしてみようかななんて思ってます。  こういうモノにこだわる雑誌って、どうして男性向けばっかりなんでしょうか?  女性向けで文房具を紹介してくれる雑誌があった... [続きを読む]

受信: 2005.10.09 22:35

» ミニ檸檬.. [MONOと釣りのハナシ]
1999年、丸善創業130周年記念に1000本限定で 販売した幻の万年筆『檸檬』 写真の『檸檬』は オリジナルを85%縮小させた『ミニ檸檬』。 なんと丸善とLapitaがコラボして復刻させた。 しかも今回はLapitaの『おまけ』である。 このようなモノをボクが買わないワケはなく、 とりあえず2冊購入。 通常より300円高いけれど、 こんな素敵『おまけ』なら安すぎるくらい。 こんなパッケージ。 このミニ檸檬、 ミ�... [続きを読む]

受信: 2005.10.09 22:52

» 雑誌に万年筆付いてます [asaoba]
雑誌に万年筆付いてます 人気blogランキングヘをクィックお願いします。 人気 [続きを読む]

受信: 2005.10.09 23:03

» ミニ檸檬?? [desakidsの気ままな生活]
チョット大人向け?モノ雑誌?Lapitaにオマケで万年筆が付いてるって地下鉄内 [続きを読む]

受信: 2005.10.10 00:08

» ミニ檸檬 [うしろぐ]
万年筆に夢中になっていたところ、なんとラピタ誌に万年筆が付録として付い [続きを読む]

受信: 2005.10.10 11:16

» 檸檬のあとさき [文系PCユーザーのブログ]
Lapitaという雑誌に、『ミニ檸檬』という万年筆が付録としてついています。 なんでも、丸善が創業130周年を記念して作った限定販売の万年筆、その復刻版だそうで。 雑誌の名前などが堂々とあしらわれているあたり、やっぱりオマケ以外の何者でもないわけですが、値段が値段...... [続きを読む]

受信: 2005.10.11 23:37

» 黄色い小さな万年筆 LAPITA 11月号 [雑想]
この万年筆、980円で買いますか? 本日発売のLAPITA 11月号に付録として付いてくる「おまけ」なのです。丸善とのダブルネームで「ミニ檸檬」といいます。 以前丸善が販売した限定品「檸檬」という万年筆の85%縮尺のレプリカとのこと。詳細はLAPITAのサイト「今月の見所」および本誌をご確認いただければと思います。(買え、といってますね・・・) 小さい割りに重量があって、キャップを軸につ�... [続きを読む]

受信: 2005.10.12 09:56

» "Stationeries & Books ..." [weblog244's BLOG]
昨日(10/5)、午後から休日出勤の振替休暇を半日とって、またまたナンバ(難波)へ(ナンパ(軟派)じゃないよw) 最初、コンタクトレンズを新しくしようと思っていたのだが、ネットでいろいろ調べてると職場の近く(といっても一駅先)に評判のいい眼科医を発見 コンタクトレンズの新調はまた別の日にそこへ行くことにして、ナンバをブラブラ まずはいつもの散髪屋で1mmの坊主に… 本人すっきり、見た目は893…^^; その後、OCATの丸善に 移動 文具売り場で「PILOTのコンバ... [続きを読む]

受信: 2005.10.12 16:27

» 続々・丸善 「ミニ檸檬」 [「どたぐつ」をはいて…]
 雑誌「Lapita」の11月号(980円)です。 ラピタ×丸善コラボスペシャル企画として「ミニ檸檬」が付いてきます。 「ミニ檸檬」とは、万年筆愛好家たちの間で伝説となっている、ある万年筆をミニ万年筆として復刻した...... [続きを読む]

受信: 2005.10.12 23:26

« 有明公園 | トップページ | 散髪 »