« 24 -TWENTY FOUR- は... | トップページ | ロバート・ワイズ『アンドロメダ・・・ THE ANDOROMEDA STRAIN』(71) »

2005.09.21

腹をくくる

 資格がありながら、ここ2年ばかり受けずに放棄していた昇任試験を今年はとうとう受けることにした。以前の部署の課長はそんなにうるさくはなかったが、今の部署の課長は受験申請受付〆切の間際になると3時間おきに「申請書を提出したか」と言ってくるので、根負けしてしまったのだ。

 昇任というか管理職になることにはあんまり興味ない。あたしに言わせると目的達成のためにマネージメントをしているというよりも、単なる雑用係としか思えないのだ。だからゼネラリストでいるよりもプロフェッショナルでいた方が面白い。

 役所も能力主義をいうのならラインばかりを考えずにスタッフも考えるべきである。選れた能力というのはマネージメントだけにあるとは限らない。

 以前に人事課の人事担当に「今の管理職の仕事には興味ないので、昇任試験を受けるつもりはない」というと「それでは本給も上がらないし、退職金も不利になるから、そういう考え方はお止めなさい」と返された。現実はその通りなんだよねぇ。

 あと20年の宮仕え。ちっとは楽しいことがあるんだろうか。今までは面白かったけどね。

|

« 24 -TWENTY FOUR- は... | トップページ | ロバート・ワイズ『アンドロメダ・・・ THE ANDOROMEDA STRAIN』(71) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

管理職は管理職を増やすことが目標だったりもしますからねぇ。わたしのとこの勤め先はそんな感じです。ダメな管理職、向いてない管理職候補生の下につくのは結構しんどいです。ふぅ。

投稿: bun | 2005.09.21 21:12

>>管理職は管理職を増やすことが目標
これってあれですか? 超勤の削減のため管理職にして不支給にするというやつ。民間会社を見ていると3人くらいしか部下がいないのに課長職にされて、自分も現場で働いていているのに超勤代なしというSEさんがいたりしました。

ダメな管理職も足を引っ張らない限りは良しですよね。

投稿: O-Maru | 2005.09.21 22:10

残業代対応?もあるのかもしれませんが、最近見かけるのはアファーマティブアクションに近いものかなぁ。

何もしない管理職はよしとして、足を引っ張りかねない人もいます・・・あーあ。

投稿: bun | 2005.09.25 12:46

アファーマティブアクション(積極的差別撤廃措置)ですか。確かにうちでも組合からは女性管理職の登用がしきりにいわれています。
でも、うちの全体的な傾向としては、職員数の削減を目的とした組織改革です。部署数を減らしてみたりとか。

特に足を引っ張るという訳でもないんですが、一度説明したことを事あるごとに再度説明を求めてくる上司もいますね。確かに面倒な内容なんですが、何度も何度も同じことを繰返し説明するのはこちらも頭がおかしくなりそうで...

投稿: O-Maru | 2005.09.25 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/6048175

この記事へのトラックバック一覧です: 腹をくくる:

« 24 -TWENTY FOUR- は... | トップページ | ロバート・ワイズ『アンドロメダ・・・ THE ANDOROMEDA STRAIN』(71) »