« 病院にて | トップページ | 雑誌のバックナンバー »

2005.09.12

バリウムの出し忘れ

 先週の水曜日、職場の集団検診で胃癌検診ということでバリウムを飲んだ。写真を撮った後に貰った下剤でその日の夕方、ちょっと下した程度で、それ以降、月曜の今日まで大きい方でトイレに入ることはなかった。

 意図的に出さないといけないというのをすっかり忘れていて、まずいなぁ、と思いつつ、日曜日の深夜に、検査時に貰っていた予備の下剤を飲んで寝たが、なんの音沙汰もない。結局、出さないまま、病院にいって、帰宅。下剤を飲んでいるくせに、まったくなにも催さない。実は、4錠の薬を貰ってて、便通が普通なら2錠、便秘ぎみなら3錠ということなのだけど、欲張って4錠飲んでいてもこの有様である。

 昼飯を買ってきて、レモン水という1リットル紙パックの飲物を飲むと、やってきましたわ。下剤というのは水分を取らないと全然、ダメなのねぇ。初めて知った。薬を飲んでから12時間経っているにも関らす、どんどんぴゃらら。

 バリウムが栓になって大変な事になるというような話があるし、実際に、最後には血を滴らして...というブログもあった。確かにバリウムが栓になって、出にくいという感じがあったけども、せいぜい10秒かそこいらで栓が勢いよく吹き飛んで、後のものが続いて吹き出しましたわ。そこそこ溜まっていたみたいで、白いものを拝むことはできなかったものの、硬くなって栓になる、下手すると切れ痔になるというのはちゃんと実感できましたでございます。

|

« 病院にて | トップページ | 雑誌のバックナンバー »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/5917480

この記事へのトラックバック一覧です: バリウムの出し忘れ:

« 病院にて | トップページ | 雑誌のバックナンバー »