« コイズミの馬鹿さ加減 | トップページ | スピルバーグの映画 »

2005.08.23

男と女の違い

 何か問題があり、それをまわりの人間に告げる時、男は問題解決を前提として話をし、女はその状況におかれて持っている感情を共感してもらおうとして話をする。

 この違いが実は相互理解を不可能にしているような気がする。もちろんあたしの家庭の話であるけど。家庭だけでなく、職場のおばさんにも「冷血」だとかって言われたような気もする。

 あたしがそういう問題を持ち掛けられて、堪らんなぁと共感した場合、うんうんという相槌をうつより、解決策を考えてしまうのだけどもどうもこれがいけないらしい。だったら相談なんかするなといいたくなるのだけども。こっちが真剣に解決策を考えれば考えるほど深く溝が出来てしまう。終いにはそんなことを言ってもらいたいんじゃないと真剣に怒られる。お互いが男性的女性的であるほど、厄介になってくる。

 正直、共感してもらってことが解決するのだろうか。素朴な疑問である。相談を持ち掛けるのは、多くは結果がでており、それを後押ししてもらうためにいうということもある。女性には問題すべてがそういうことなのだろうか。さっぱり判らない。

|

« コイズミの馬鹿さ加減 | トップページ | スピルバーグの映画 »

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

んーと、それは、えーと、オトコとオンナの違いなんすかねぇ?わたしが結婚してたころはなんか逆だったっぽい・・・

投稿: bun | 2005.08.23 20:46

 一般論にはなりませんか?(^^;)

 まぁ、結論を急ぎはじめると女性の方が早いという気もします。変なところで割り切りが良いというか。いったん見切りをつけたらまわりには容赦ないという感じがあります。

投稿: O-Maru | 2005.08.23 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/5602826

この記事へのトラックバック一覧です: 男と女の違い:

« コイズミの馬鹿さ加減 | トップページ | スピルバーグの映画 »