« 心霊美少女 降臨 | トップページ | 広島原爆戦災誌 第四巻
-第二編 各説 第三第四第五章 学校・宗教団体・関連市町村の状況- »

2005.08.02

恨むということ

 怒るのはいい。でも何かを恨んで「○○の所為[せい]で」と思うのは、絶対に止めた方がいい。何事かに束縛されることに他ならないからだ。恨むということは心を閉ざしてしまうこと。自分を生かすためにも絶対にやってはならない。

|

« 心霊美少女 降臨 | トップページ | 広島原爆戦災誌 第四巻
-第二編 各説 第三第四第五章 学校・宗教団体・関連市町村の状況- »

心と体」カテゴリの記事

コメント

なるほどなるほど・・・
あ、すいません、初めましてです。実は今日という今日は、上司のヤツに、本当にブチ切れしてしまい、一瞬魔がさしたといいますか、「恨み」サイトで何か気分を晴らすものはないものか、と「恨み」で検索しました所、ここに辿り着いた次第であります。やはり・・・そうですね、恨むってのは何か陰湿なものに束縛されるような気持ちが致します。実際のところ、恨んでいるのか怒っているのか、よく分からないのですが。でも何だか気持ち救われました。

投稿: みー | 2006.08.03 22:09

みーさん、こんにちは。

 嫌な上司っていますよねぇ... まぁ、そいつのために私はこんなに不幸に陥っているんだ、なんて感じてなければ、それはただ単に怒っているんだと思います。怨むというのは、第一条件として、あたしは不幸というのがありそうです。

 机でも思い切り蹴っ飛ばしてみましょ。それで大分救われたりします。たまに失敗してしばらく足が痛かったりしますが...

投稿: O-Maru | 2006.08.03 22:33

昨日は本当に悲しくて悔しくて泣きながら家に帰ったのですが、家族にはそんな顔見せるわけにいかず・・・辛いところです。会社辞めてやる!なんて決心して今日、出社しましたが、社員の人に一時的な感情で、「辞める」なんて言っちゃいけないよと止められ、結局、何もモーション起こさず一日が終わったわけですが。そいつの為にこんな不幸に陥ってるんだなんて、そこまでは感じてないので、怒ってるんですね。やはり「恨」とか「怨」なんて文字、おぞましいし、被害者と思ってる自分まで心が醜くなって行きそうで、嫌なものです。明日、明後日の休み、の~んびり過ごして、来週から又、頑張ります。ありがとうございました^-^それから「亀田なんちゃら」の話、面白かったです。

投稿: みー | 2006.08.04 23:43

辞める、なんて実際に言わなくてよかったですね。いい同僚がいて良かった良かった。一人か二人でいいのでガス抜きのできる同僚がいると大分助かります。恨まないにしろ、ストレスの原因になったりするので、注意は必要ですね。とりあえず、週末は全部を忘れてゆっくりしてくださいね。

亀田なんちゃらですが、思っていた以上にあたしと同じような印象を持っている人が多くてびっくりしました。今後の身の振り方に注目です。

投稿: O-Maru | 2006.08.05 03:56

せんこうマジムカツク

投稿: みど | 2008.01.10 17:02

あいつがムカつく
あいつはやよいだ
見ているだけで虫酸が走る
ノッペラな顔をして顎はしゃくれ気味、顔写真載せたいくらいだ笑
話せば昔イジメラレテイタなんてお涙ちょうだいして被害者振りやがって
不細工の癖して鼻高々 いつも人間関係、問題の中心人物の癖してイザとなれば私は知りませんの一点張り 表面(おもてづら)は清楚ぶっててそれに気がつかない人は多い
最悪の女
あいつにいくら使ったかわからない人もいる 騙されてかわいそう ってかそいつはきっとバカなんだな
あいつは旦那も子供もいる実は幸せなやつなのにさ
そんな事実際バレたらいい気味と思うだろうけどきっとあいつはリアルにヤバいかもね笑

まだ足りないけど
言ったら少しすっきりした

投稿: 客 | 2008.09.10 05:55

こんにちは。
嫌なこともうまくガス抜きできれば、スッキリできますね。
人を呪わば、穴二つ。
あたしの職場の机には二つどころか幾つも穴(凹み)がありますよ。

投稿: O-Maru | 2008.09.10 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/5296652

この記事へのトラックバック一覧です: 恨むということ:

« 心霊美少女 降臨 | トップページ | 広島原爆戦災誌 第四巻
-第二編 各説 第三第四第五章 学校・宗教団体・関連市町村の状況- »