« 貴志祐介『黒い家』 | トップページ | コイズミの馬鹿さ加減 »

2005.08.22

家庭4

 1週間振りに実家から自宅に戻る。上の子は実家に残留。とりあえずもう一週間居るということで、丁度一ヶ月の一人だけでの滞在になる。

 余程自宅が嫌なのか、実家のじじばばの相手がいいのか、いっこうに家に帰ろうとは言いださない。一週間一緒にいて、いろいろ話していても本音を言わないところが気にかかる。

 それにしても順応性が良いもので、家の前で何人か小学生が遊んでいるのにあっという間に馴染んでしまって、一緒に遊んでいる。同学年の子がいて、「こっちに引っ越してきたら同じクラスになるな」(そのクラスの人数が少ないからか)とかという話までしている。友達には困らない、年上や年下ともうまくやれる人間なので、世渡りには苦労しそうもないような気がする。

 とはいえ、辛い思いをさせているのは間違いない。親としても辛い。

|

« 貴志祐介『黒い家』 | トップページ | コイズミの馬鹿さ加減 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/5588290

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭4:

« 貴志祐介『黒い家』 | トップページ | コイズミの馬鹿さ加減 »