« とある映画ファンのバイブル2/
A・タルコフスキー『映像のポエジア』(88)
| トップページ | 広島原爆戦災誌 第二巻
-第二編 各説 第一章 広島市内各地区の被爆状況- »

2005.07.08

テロと死刑

 イギリスで同時多発テロがあったらしい。

 テロは限りなく悪で、国家による戦争は正義であったりする。この差はいったいなんなんだろう。

 殺人を犯すと裁判で裁かれ、死刑になることもある。公認の殺人。よく判んない。

 一番理解できるものといえば、殺されたものの身内による仇討ち。これは仕方ないと思ったりする。死刑は廃止して、復讐禁止令(1873)の解禁を! とかって言ってみたり...

|

« とある映画ファンのバイブル2/
A・タルコフスキー『映像のポエジア』(88)
| トップページ | 広島原爆戦災誌 第二巻
-第二編 各説 第一章 広島市内各地区の被爆状況- »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/4877838

この記事へのトラックバック一覧です: テロと死刑:

« とある映画ファンのバイブル2/
A・タルコフスキー『映像のポエジア』(88)
| トップページ | 広島原爆戦災誌 第二巻
-第二編 各説 第一章 広島市内各地区の被爆状況- »