« 渋うちわ | トップページ | 道楽者 »

2005.06.26

スター・ウォーズ

 スター・ウォーズの最終作が公開されるということでまわりが賑やかになっているけども、あたし的にはどうでもいい。

 スター・ウォーズの一作目というのは、あたしが中学一年の時に公開された。当時の校則では、保護者同伴でないと映画館には行ってはいけなかったのだけど、それを無視して悪友と3人だけで初めて行った映画だった。あの頃としては初の本格的なスペースオペラ映画で、それは熱中したものでした。

 一作目の出来は本当に申し分なく、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードの3役者は当たり前にあこがれの的となった。第二作目も期待していたのだけども、いかにも続くと云う作りでやや興醒め。しかし、オープニングの雪原の戦いは申し分なかったし、まぁ、ヨーダはまだ愛すべきキャラクターであった。

 第三作目、これは見て呆れ返りながら帰った憶えがある。後半、イウォークという小動物が活躍するのだけども、ラストなど「森の こかげで ドンジャラホイ シャンシャン 手びょうし 足びょうし 太鼓 叩いて 笛吹いて こんやはお祭り 夢のくに こびとさんがそろって にぎやかに ア ホーイ ホーイョ ドンジャラホイ」(「森の小人」 作詞者:山川 清/作曲者:山本雅之)そのものであり、完全にお子様向けになっているとしか思えなかった。


スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX



 それ以来、あれ程熱中していたスター・ウォーズにはまったく興味なくなってしまった。新シリーズも見ていないし、TVでも何度となく見る機会があったものの、本気で見ていないためか、必ず途中で寝てしまっている。なんかよく判んない甘ったるいクリーチャーが活躍するする様はどうも耐えられない。さらに、昨年発売されたスター・ウォーズ トリロジー DVD-BOXなんかも、元ファンだけあって、発売数ヶ月前から注文して購入したものの、結局、自分が見ることはなく、息子が喜んで見ただけである。しかし、自分で云うのもなんだけど、こういうのは、随分、淋しかったりする。訣別というのはこういうものかと思った。

 スター・ウォーズで好きなキャラクターといえば、第二作目の雪原の戦闘で活躍する帝国軍のスノー・ウォーカー(AT-AT Snow Walker)である。コマ撮りによる動きのユニークさ(『タイタンの戦い』(81)でもお馴染だけど)も加えて、この造形がなんともいえず素晴らしい。このキャラクターについては特にプラモデル等が欲しくって仕方なかったが、なかなか良いものがなかった。

 一昨年くらいに発見したのが、右にある写真のペーパークラフト。どこか(日本人の日本人による日本人のための)のホームページで公開されており、この写真もそこで完成品として公開されていたもの。型紙はA4で4枚(オプションを加えると5枚)。さっそく、型紙をクラフト紙に印刷し、作ってみたのだけど、ホンモノに近いかなり良い出来だった。オプションの型紙を使えば、足の関節部分を動かせるようにもできる。A4で印刷し組み立てると高さ20cmくらいでそこそこの大きさになるので、組み立ては難易度が上がるが縮小印刷して小振りのものを作ってみるのもいいと思う。A4原寸で関節も動くように作って、製作所要時間は16時間くらい。夜の8時から作り始めて、完成したのは完徹で翌日のお昼だった。あの懐かしい『切り抜く本』シリーズをそこそこに作り上げていた人なら、そんなには難しくない。

 もともとの型紙を公開していたサイトはすでになくなっている。さっき検索してみると、型紙がここで見つかった。作者とは関係のないロシアのサイトである。どうもダウンロードした第三者がここに保存しているようだ。

|

« 渋うちわ | トップページ | 道楽者 »

DVD」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/4696454

この記事へのトラックバック一覧です: スター・ウォーズ:

« 渋うちわ | トップページ | 道楽者 »