« 総務省の甲斐性 | トップページ | 珈琲 »

2005.06.17

タトゥ(外ゥではなくtattoo)

 歯磨き粉を切らしそうになっていたので、仕事帰りに家の近所のディスカウント・ドラッグストアに寄った。

 買うものを見繕ってレジに行くと、すぐ前でレジを打ってもらっていたのは、右の二の腕にタトゥを入れている20過ぎの女の子だった。タトゥというと銭湯とかに行くと背中全体に龍がいたりするのを見かけるのは決して珍しくなかったのだけど、若い女の子がそんな風に入れているのは初めてみた。

 彫りの内容はTシャツに半分以上隠れて、見え隠れすると云う感じで、はっきりは判らなかったのだけど、魚のようだった。

 ごく郊外の住宅地だったので、非常に目につく存在だったが、連れの男が長身、短パンで遊び人風、本人も金髪、ずーっと俯き加減という感じで妙に疲れ切った感じ。もし薬中だと云われても違和感がない。

 正直言って、こういう光景を見かけるとタトゥの印象は悪くなる。抜こうと思えば、非常に辛い思いをするアクセサリ。本人は喜んでしたのだろうかとふと思った。

|

« 総務省の甲斐性 | トップページ | 珈琲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/4586327

この記事へのトラックバック一覧です: タトゥ(外ゥではなくtattoo):

« 総務省の甲斐性 | トップページ | 珈琲 »