« 音楽 | トップページ | 衝動買い »

2005.06.10

JAF二輪車ロードサービスを使ってみたさ

 JAF二輪車ロードサービスに期待を寄せていたのだけど、昨日、ようやく実際に使うことになった。仕事を終え、帰宅しようとすると原付の後輪がしっかりパンクしていた。少しでも空気が入っているのならだましだましで、近所のガススタンドに持ち込んだりもするものの、すでに完敗な状態だった。自宅近所の行きつけのバイク屋に連絡すれば、無料で取りに来てくれなくもないけども、JAFのサービスのことを思い出し、どうしても使ってみたい気分になってしまった。

 JAFを使うのは実は初めてである。自家用車のバッテリ上がりとかで何度か呼んだことがあるのだけど、ほとんどカミさんの用事でカミさん任せで処理をしていた。

 JAF短縮番号に電話し、オペレータに場所・車の状況等を告げる。さすがに手慣れたオペレータで滞りない。最後、何分くらいで来られるか支部に確認して、回答を寄越してきたのだけどそれがなんと30分から40分だった。いくら田舎といえど県都の官庁街。半時間以上かかると聞かされたのは想定外で、ちょっと泣きそうになった。他人も極力待たせないし、待たされるのはとにかく嫌いなのだ。まぁ、貴重な体験になるはずだし、依頼することにした。

 JAFに連絡を入れたのが17:30。普段なら残業をしなくても18:00くらいまでは職場にいるから、ちょっと早い時間だった。帰りに本屋にでも寄ってみようかと思っていた。JAFと話し終えたのが17:40くらい。オペレータの言うとおりなら、作業車は18:10から18:20には来るはず。一般道に面した駐輪所で待っていると部長をはじめに色んな人に声をかけられた。随分恥ずかしい。

 結局、作業車がやってきたのは18:30。いやぁ、50分も何もせずに突っ立っているというのはたまらんです。昇降台のついた立派なトラックだったんですが、それに原付を固定させるだけで20分くらい。車の荷台は妙に綺麗だし、二輪車のロードサービスで使うのは初めてという感じです。きたのもJAFの職員ではなくって、提携している修理工場とかの人のよう。そして4km離れたバイク屋に到着したのは19:15。

 原付のパンクは修理されなくて、修理できるところまで運ぶだけというサービスのようです。自宅の近所の行きつけのバイク屋まで運んでもらいました。5kmまでの輸送は無料、それ以降、1kmにつき600円というのは車のけん引と同じ料金です。馴染みのバイク屋が遠いのなら、近所のガススタンドということになるでしょう。ただこれが深夜とかだとかなり困りそうです。

 ということで、初めてのJAF二輪車ロードサービスだったのですが、待ち時間さえ半分以下なら、こんなものといえばこんなもの。二輪車関連の出動が多くなれば、待ち時間は減りそうな気もするんですが、どうでしょうね。

 ちなみにパンクの原因なんですが、空気圧の低い状態で乗り続けていたため、タイヤの中でチューブがよれ、さらにこすられ続けたためゴムが摩耗して穴が開いてしまったようです。ここんところ、セルフサービスのスタンドばかり行ってたんで、空気圧の調整は完全に怠っておりました。それにしてもパンク修理の2500円は痛かった。そして帰宅できたのは19:50。ひたすら待ち続けの2時間半だった。

|

« 音楽 | トップページ | 衝動買い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/4484763

この記事へのトラックバック一覧です: JAF二輪車ロードサービスを使ってみたさ:

« 音楽 | トップページ | 衝動買い »