« 本日届いた物/ちょっと飽和気味 | トップページ | 広島市役所「広島原爆戦災誌」(71) »

2005.06.29

矢口史靖「スウィングガールズ」(04)

 見終ってびっくりしました。あまりにもストレートな物語。伏線も葛藤もほぼ何もなく、直線的にラストに向かう。悪く云えば「馬鹿映画」、よく云えば「実に素直な映画」。前作の評判になった「ウォーターボーイズ」は見ていないけども、同じような感じなんでしょうか。


スウィングガールズ スペシャル・エディション



 今回の作品はなぜ観るのかというと、やはりビッグ・バンド・ジャズものだから。学生時代は、高校生の頃から地元大学の軽音楽部のコンサートに行っていた。悪友に毎夏誘われていて、ほとんど恒例になっていた。それに映画もアンソニー・マン「グレン・ミラー物語」(54)やらフランシス・コッポラ「コットンクラブ」(84)等でメジャーな曲は大抵押さえてあったし、特にグレン・ミラーとかのナンバーは小学生の頃から好んで聴いていたんじゃないかと思う。

 映画を見ていると練習場所で苦労するシークエンスがあるけども、あれは本当に適当な場所ではして欲しくない。弟が中学の頃からブラスバンド部に入ってて、全国大会で金賞を何度かとるというような感じだったんだけど、正月・お盆の長期休暇になると自前のトロンボーンを家に持ち帰って来て練習とか始めるんだが、これがうるさい。洒落にならないくらいうるさいんで、一度、どつき倒したことがある。こやつ、さらにピアノなんかも弾きやがるし、うるさい、うらやましいでホント面倒だった。

 あたしが学生だった20年ほど前は市内には「ブルーノート」やら「エイティエイト 88」といった店名からしていかにもジャズ系の、そしてあたしの行きつけの「モッキンバード」などなど、ジャズ喫茶は数知れずあったもんですが、今はほとんどなくなってしまったんじゃないでしょうか。クラシック喫茶もなくなっちゃいましたしね。時代の流れとはいえ、淋しいもんです。

 そんな訳でやっはりSingSingSingのラストはいいですね。いいというか、ただでさえ人気のある曲の演奏シーンをさらに感動的に見せるためにそれまでの一時間半を使ってきたというか。この映画では女の子がジャズをやることのミスマッチさが大きな売りと云うか魅力なわけなんですが、確かに、女の人がジャズをすることは珍しい。尤もジャズボーカリストは女性の方が遥かに多いと思うんですが、それに比べて奏者の珍しいこと。ピアノはいそうですが、吹きもののプロはほとんどいないんじゃないでしょうか。肺活量の問題なのか、それともジャズに必要な腹芸が不得手なのか。ジャズからアドリブを抜くと腑抜けになっちゃいますし、演奏者間の息というか微妙な駆け引きがないとつまんない。何れにせよ、ラストの演奏会がカッコいいという意見には賛成であります。

 そうそうこの作品って木野花さんが出てますね。映画で見かけたのは何年ぶりでしょうか。以前に観た市川準「会社物語 MEMORIES OF YOU」(88)の彼女はとても暖かくてよかったんですよね。 この映画も定年間際のハナ肇が谷啓らと最後の一日だけのスゥイングバンドを組むという話で、なかなか素敵でありました。それにしても木野花さん、だいぶん老け込んじゃってましたねぇ...

|

« 本日届いた物/ちょっと飽和気味 | トップページ | 広島市役所「広島原爆戦災誌」(71) »

DVD」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

 一応コメントします(^_^;)

 ストレートな作りがまた良いのです(*^。^*)
 伏線やら何やら小難しくすると大ヒットはしません。
(マニア向けの映画じゃないんだから(^_^;) 設定は
細かくしてるようですが(^_^;))

 演奏自体はあくまでもアマチュアと言うことでやはり
サクソフォーンとかは、やはり肺活量の関係が大きい
のでは? その辺りは出演者によるライブ演奏聞けば
よく分かります(^_^;)

投稿: きつつき | 2005.07.03 18:18

 そう。単純明快なのがいいのかもしれない。普通、これだけ単純だとラストの盛り上がりに欠けたりするんだけど、直線的にあそこまで引っ張り上げられるのは、これまた凄いと思う。
 サッチモおじさんの曲の流れるあたりのカラクリはすぐに判ったんだけど、パンフォーカスにしてピン送りしないだけであんな画像効果が得られると云うのは意外でした。

 演奏はノリで見ちゃうんで楽器をしている人とかでない限りそんなに気にはならんのではないかしらん。弟に見せるとうるさくいいそうだけど。

投稿: O-Maru | 2005.07.03 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/4752918

この記事へのトラックバック一覧です: 矢口史靖「スウィングガールズ」(04):

» スウィングガールズ [AML Amazon Link]
スウィングガールズ [続きを読む]

受信: 2005.07.02 16:47

« 本日届いた物/ちょっと飽和気味 | トップページ | 広島市役所「広島原爆戦災誌」(71) »