« 森田芳光『黒い家』(99)☆☆☆★★ | トップページ | 蔵書印と蔵書票 »

2005.05.04

本の価格は5円

 森田芳光『黒い家』の原作はこれ。


黒い家

貴志 祐介 (著)
単行本: 365 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 角川書店 ; ISBN: 4048730568
(1997/06)


 今回は本の内容ではなくって、本の売られ方の話。

 上の本の紹介はアマゾンのサイトにリンクしているんだけども、新品が1,575円で売られている側でマーケットプレイスでユーズド品が5円から売られている。これはいったいどういうことなんだろうね。

 5円と言っても買い手には更に送料が340円が加算され、売り手にそのうちの240円程が入金される。クロネコのメール便を用いると結果として100円ちょっとの益になる。まぁ、ブックオフの店舗でも100円均一とかで売られているから、実質同じようなもんなんだろうけど、もろもろを考慮した価格であったとしても、こういう値段をつけられるとやっぱりショックを受けてしまう。

|

« 森田芳光『黒い家』(99)☆☆☆★★ | トップページ | 蔵書印と蔵書票 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/3975467

この記事へのトラックバック一覧です: 本の価格は5円:

« 森田芳光『黒い家』(99)☆☆☆★★ | トップページ | 蔵書印と蔵書票 »