« 三菱鉱業セメント株式会社『高島炭礦史』 | トップページ | ブログと掲示板 »

2005.05.01

書店で

 昨日の残業は定時に解放させてもらえたので、帰りに紀伊國屋に寄る。立ち寄るのは数年ぶり。

 本棚を眺めていると、声を掛けられる。「別人だと困るからしばらく様子を見てたんだけど、やっぱり間違いないようだったから...」 10数年前にやってた映画愛好家の集まりのメンバーさんだった。母体となっていた映画館が潰れたことと、あたしが結婚して家庭にこもり気味になったことで、集まりは自然消滅になってしまっていた。

 メンバーさんだというのはすぐに思い出せたが、10年来会っていなかったので、名前が思い出せない。名前が判らなくても関係は掴めているので、差し障りのない雑談を数分してから別れた。幸いにも帰ってから名前も思い出し、もやもやすることはなかった。

 声を掛けられるのはいいんだけど、まったく誰か判らないときがある。同じくその書店で、就職して間もなくの頃に誰かから声を掛けられた。向うはちゃんと名前で呼んでくるから、(元)知り合いだというのは間違いない。妙にタメ口で親しくしてくる割にはこちらには心当たりがないから厄介である。本当に向うが言ってくることに適当に言葉をあわせて、その場をやり過ごした。結局、彼が何者だったのか判らなかった。

 地方都市で主だった書店とかに行くと知り合いによくであう。ちょっとしたスリルがある。

 そうそう、書店にいって新刊を買わなくなった理由がひとつ判った。大抵はバイクで移動するんだけど、カゴに本を入れると買えるまでに思い切り傷がついてたりする。どの道、読んでいるうちに痛むから気にしなくてもいいようなもんなんだけど、やはりそういうのって悲しかったりするのだ。

|

« 三菱鉱業セメント株式会社『高島炭礦史』 | トップページ | ブログと掲示板 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

漏れもこの前・・・家の近所のコンビニで『どうも、こんにちは~』って見覚えのないおばはんに声をかけられた。一瞬・・・???だったが漏れの目を見て挨拶してきたんで・・・思わず頭を下げて会釈をした。それから数日後・・・会社の別フロアーの事務所にいそのおばはんが何気にテレアポをしていた。うちのアルバイトのオペレーターのおばはんやった。人数多すぎてまったく解らなかったんやけど・・・やっとモヤモヤが消えてすっきりしたw
>ポン男くん・・・バイクで書店に新刊を買いに行く時は・・・リュックなどのカバンを持っていき・・・カバンの中にしまってカゴに入れればいいんやないですか???

投稿: pnge | 2005.05.01 03:59

自分とこの従業員が判らんなんて、何人雇うてるんですか?
本屋に行くのは思いつきが多いからカバンがなかったり、カバンがあってもすでに一杯だったり。案外、気合い入れて行くというのが少ないんですよね。

投稿: O-Maru | 2005.05.01 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/3929350

この記事へのトラックバック一覧です: 書店で:

« 三菱鉱業セメント株式会社『高島炭礦史』 | トップページ | ブログと掲示板 »